節約系ミニマリスト0.5

本多静六式改 収入があるたびにその1/2 を自分のために取っておく 🌊 節約からの投資のコンボ

ふとんを断捨離し寝袋生活に突入すると言った件だが、なかなか大変だ

f:id:rupannzasann:20180319213814j:plain

 どうも、ふとんの断捨離に向けて、寝袋生活を始めた

節約系ミニマリストのルパン座3です。

 

www.rupannzasann.com

 

高らかに寝袋生活を始めると宣言したのですが・・・・・

めちゃくちゃ眠りにくい!

 

やはり 予想以上に 寝づらいです。

背中と腰が 寝てる最中に痛みます。

完全に寝てしまった後は、特に痛みは感じませんが、

完全に意識が飛ぶまではしんどいです。

 

たしかに、色々なミニマリストが寝袋生活を試みて、

失敗していく様子をブログに無数にあげていました。

でもね、そいつらは根性なしである(失礼)と思っていたわけです。

私は違うと!しかも、沖縄在住だから寒さ対策はそこまでいらないし。

でも、やっぱり大変でした!まああ~眠りにくい。

 

でも 睡眠の質が、めちゃくちゃ落ちたというわけではないのではないかと思い、

睡眠アプリを使って睡眠の質を調べてみました。

f:id:rupannzasann:20180320073251p:image

こちらは普通に ふとんで寝ていた時の 睡眠の様子です。

眠ってすぐに深い眠りにつき、 一旦眠りが浅くなり、また深くなる

というのをだいたい90分周期で行なっています。

浅い睡眠時がレム睡眠、深い睡眠がノンレム睡眠ですね。

 

f:id:rupannzasann:20180320073308j:image

寝袋に寝た場合ノンレム睡眠時の睡眠の深さが少し浅くなります。

また、 レム睡眠時の睡眠の深さが、なかなか深くなりません。

 

やはり睡眠効率は10%程度低下しています。

 ただし、これは慣れも大きいと思うので、

1週間ほど後に、もう一度調べてみます。

 

寝袋生活で いいなと思う点としては、

睡眠欲がなくなるという点です。

睡眠が100%の幸福ではなくなり、少しめんどくさい嫌なものになります。

 

二度寝したいなーという気持ちが特になくなります。

痛い思いして二度寝するくらいだったら、 起きて活動しようと思います。

 

これは かなりプラスかなと思います。

眠っていても何の進化もないので 、

出来る限り睡眠時間を減らしたいと思っているタイプなのでありがたいです。

 

 寝袋の下に、マットレスを敷くのが睡眠の質と断捨離のバランスから

ベストなのでしょうけども、そうなるといまいち荷物を減らせないのです。

 寝具を全てスーツケースに入れて、 持ち運びたいと考えているので、

できればマットレスを買いたくないです。

 

ただあまりにも睡眠の質が上がっていかない時には、

買わざるを得ないかな~

 

まあ、もうしばらく実験してみます。

今現在、寝袋生活を考えている人に言える点としては、

まだ、やめとけ!です。もう少し、データとれるまでお待ちください。

 

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス


にほんブログ村

では、ありがとうございました。

2018/03/20記事作成