節約系ミニマリスト0.5

本多静六式改 収入があるたびにその1/2 を自分のために取っておく 🌊 節約からの投資のコンボ

完全食としての雑炊の可能性


f:id:rupannzasann:20180328064250j:image

どうも、節約系ミニマリストのルパン座3です。

 

画像は、先日作ったもつ鍋の残り汁で雑炊を作ったものです。

 

www.rupannzasann.com

 同僚が4月末で退職することになり、おもに二人で仕事をしていた

私に思いっきりしわ寄せがきており、仕事がなかなか忙しいです。

ただその忙しさが、敗戦処理的な仕事の忙しさなのです。

そこを頑張ることで、未来が開けるタイプの忙しさではないので、

しんどいです。

 

まあ、ということで、あまり気合いを入れた料理を作る時間が

今週来週ありません。

しかし、栄養をしっかり取らないと乗り切れない仕事量です。

 

ということで、これさえ食べておけば栄養面、満腹感的、食事にかける時間的

に大丈夫!という完全食を考えています。

 

いまのところ、雑炊が一番完全食になりえるのではないかと考えています。

 

理由としては、

①他の材料と一緒に米も煮えるので、米自体を炊く必要が無い

②野菜、肉、魚などをすべて鍋に入れれば、栄養を簡単に取ることができる

③煮るための出汁とスープを変えればいろいろな味にアレンジ可能

④温かい食べもので消化器官に優しい

⑤軟らかく煮ているので、それほど噛まずとも飲むように食べることができ

食事時間の時短も可能

⑥大同電鍋を使えば、材料をすべて鍋に入れてスイッチを入れておけば、

朝起きた時にはトロトロに煮込まれた雑炊ができているので、楽。

 

ということで、しばらくは朝食は雑炊、昼食も雑炊にして時短時短でいきます。

仕事が落ち着いたらきちんとした料理を作ろうっと! 

 

 


にほんブログ村

 

 では、ありがとうございました。

2018/03/29記事作成