節約系ミニマリスト0.5

本多静六式改 収入があるたびにその1/2 を自分のために取っておく 🌊 節約からの投資のコンボ

台南郊外 マンゴーの玉井と隣の新化に行ってみた


f:id:rupannzasann:20180429105121j:image

どうも、 節約系ミニマリストのルパン座3です。

ただいま、台湾の台南に滞在中です。

 

今日は朝から台南郊外のマンゴーの里として、

有名な玉井とその隣の新化に行ってきました。

台南駅の前の北バス停から、20分に一回くらい グリーンラインという名前で、

バスが出ています 。


f:id:rupannzasann:20180503022457j:image

 

 

名前はグリーンラインですが 、緑色じゃないグリーンライン

もあるので気をつけください。 私が乗ったのは普通に緑色でした。
f:id:rupannzasann:20180429105156j:image
30人ほど乗れるバスです 。

人気があるらしく、最初の段階で8割席が埋まりました 。

乗っていくにつれ 全席埋まりました。

f:id:rupannzasann:20180429105225j:image

支払いは乗る時に、 どこまでのるか伝えてその場で現金で払うか、

乗る時と降りる時に悠遊カード を当てるかです 。

悠遊カードの方が、小銭を用意しなくて済むのでいいと思います 。

こまめに色々な場面で使えるので、

悠遊カードは台湾に来たら取っといた方がいいです。

 

 

 

今回誤算だったのは 、日曜日の午前中から 一時間半かけて

山の中にマンゴーを買いに行くというのは若者がしないということです。

 

なのでバスの中は、暇な おじいちゃん、おばあちゃんだらけでした 。

そのため席がいっぱいになった時に 、

バスの中で一番若いのが私だったので、

席を譲らないといけなくなりました。

 

そして 途中で降りる人がいて、その席に座ろうとしても、

また、 おじいちゃん、おばあちゃんが乗ってくるので、

結局1時間半の内、 1時間は 立つはめになりました。

観光客も増える昼間に行った方がいいですね。

道中の田舎道は、特に見るものはありません。寝てていいかな。
f:id:rupannzasann:20180429105251j:image

玉井に着くと、金魚の行商がいました 。

移動式で金魚を売り歩くというのも面白いですね。
f:id:rupannzasann:20180429105302j:image

一匹から買えるようです 。

売り歩いてるということは、需要があるということなのでしょう。

そういう文化なんでしょうか。
f:id:rupannzasann:20180429105323j:image

バスから降りて、 5分も歩くと 市場に到着します 。

まだマンゴーが出始めな時期で、マンゴーは少なめですが、スイカやパイナップル、バナナなど南国フルーツがたくさん売られています 。

ただ買ったとしても、日本には検疫的に持ち帰れませんので、

ドライフルーツとかだけ買って帰りましょう。

フルーツを買って帰って、ホテルで食べるというのもありです。
f:id:rupannzasann:20180429105340j:image

ドライフルーツは、砂糖を使ってないっていうことを強調していました。

それだけ普通のドライフルーツは、

砂糖を使っているものが多いということなのでしょう。

値段は 安くはないですが、 台北で買うよりは2割くらい安いです。

お土産として 2500円分 買いました。

 

そしてマンゴーの里に来たからには、

やはりマンゴーかき氷を食べておきたいですよね 。

目立つ看板のマンゴーかき氷屋に入っていました。
f:id:rupannzasann:20180429105353j:image

私の前に3人お持ち帰りで、マンゴーかき氷を買っている おばちゃんがいました。

 
f:id:rupannzasann:20180429105403j:image

日本語の看板もあるので、日本人は結構来るのでしょう。

50年マンゴーを作ってる人が作ってるというマンゴーかき氷なので、

非常に期待ができます 。

値段は150 元550円くらいとまあまあしますが、量が多いのでよしとしましょう。
f:id:rupannzasann:20180429105417j:image

マンゴーかき氷と書いていますが、

正確に言うと、マンゴーかき氷ではありません 。

マンゴーを直接凍らして、それを氷の代わりにに使っています 。

 

つまり普通のマンゴーかき氷よりも、

マンゴーの純度が格段に高い状態です 。

その上にマンゴーアイスが乗っています。

練乳も少しかかってます。
f:id:rupannzasann:20180429105429j:image

これはマンゴーの漬物です。

あまじょっぱくつけたものです。

沖縄にある、パパイヤの漬物みたいな感じです 。

マンゴー農家らしい トッピングです。

なかなか台北で、これは食べられないのではないでしょうか。

 

マンゴーかき氷食べ進めてみると、 正直いまいちでした。

マンゴー2個ぶんくらい凍らしたものを使っているので、

コストは結構かかってると思います。

ただコストのかかっていない台北で食べるマンゴーかき氷の方が、

軽くて食べやすいです 。

 

www.rupannzasann.com

 

凍らせたマンゴー2個+アイスを食べてる形なので、 お腹にたまりやすく、

スプーンがすみません。

あと、生の マンゴーはのっていないので、そういう点でも体が冷えます。

 

マンゴーを作るプロではあったのでしょうけども、マンゴーかき氷を作るプロという味ではないです。

 

今まで食べたマンゴー かき氷の中では、ダントツ最下位です 。

やはりマンゴーかき氷を作るプロの業者が多い台北の方が、

もしくは台南の都市部の方が マンゴーかき氷には、いいのかもしれませんね 。

ここで食べるのをお勧めしません。
f:id:rupannzasann:20180429105444j:image

そして 関の奥では、恐ろしく声が でかい地元民が 朝から酒を飲んでいました 。

なぜ目の前の人間に対して、これほど大きな声でしゃべるのかという、耳が飛ぶほどの大きさで喋っていました 。

朝から元気ですね 。

ただ 、観光地としての雰囲気は最悪です。
f:id:rupannzasann:20180429105514j:image

台北も台南も、今はトイレを流せるものが多いのですが、

玉井のトイレは流せませんでした。

トイレットペーパーも備え付けがなかったので、隣のコンビニで買ってきて、用を足しました 。

台湾といえども田舎はまだまだ 不便です。

 

せっかく遠出してきたので、隣にある新化という街にも行って来ました。
f:id:rupannzasann:20180429145915j:image

昭和初期に建てられた、バロック様式の建物が並ぶ老街が良いです。

せっかく雰囲気がある建物ですが、その下に雑多な今の看板をつけてしまっているので、雰囲気台無しです。

中の店自体はよくある台湾のお店で、建物の良さを全然活かせていません。
f:id:rupannzasann:20180429145940j:image

昭和11年建てられた剣道場です 。日本建築の いい感じの雰囲気が残っている建物です。

このように良い感じで、残している建物もあります。
f:id:rupannzasann:20180429150011j:image

中に入って見学もできますが、

特に見たいものがなかったので、

スルーします。
f:id:rupannzasann:20180429150024j:image

この日本家屋いいですね
f:id:rupannzasann:20180429152757j:image

建物に合わせてトイレも和式にして、ドアも木製のもので新しく作ったようです 。

トイレまで和式にする必要なかったような気がしますが、 いい雰囲気が出ています。

 

玉井の滞在時間1時間 、新化の滞在時間30分で見て回りました 。

それくらいの時間があれば、十分に見ていけるかなと思います。

正直一回行けば、もういいかなという観光地でした 。台南は田舎よりも都市部の方が楽しい感じがします。

 

 

台南 高雄 とっておきの歩き方 台湾南部の旅ガイド (地球の歩き方GEM STONE)

台南 高雄 とっておきの歩き方 台湾南部の旅ガイド (地球の歩き方GEM STONE)

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2017/04/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

わたしの台南: 「ほんとうの台湾」に出会う旅

わたしの台南: 「ほんとうの台湾」に出会う旅

 

 

2018/05/01記事作成