節約系ミニマリスト0.5

本多静六式改 収入があるたびにその1/2 を自分のために取っておく 🌊 節約からの投資のコンボ

自分しか知らないマニアックな作品を探すよりも、ベタなヒット作を見るミニマリズム

スポンサーリンク


f:id:rupannzasann:20181104093027j:image

 どうも、回り道ばかりのろくでなし、節約系ミニマリストのルパン座3です。

 

休みの日はもちろん、平日でも自宅にいるときは、

アマゾンプライムビデオをずっと見ています。

アマゾンプライムビデオを見ながら、半身浴をし、

 

www.rupannzasann.com

アマゾンプライムビデを見ながら料理を作り、そしてそれを食べ、

アマゾンプライムビデオを見ながら、はてなブログを見て回り~

とずっと継続してアマゾンプライムビデオを流しています。

月額400円で見放題なんて安すぎんだよな~

 

 

アマゾンプライムビデオのような動画見放題定額制に、

いまだに入っていない人の一部が言うのは、

「見放題になっているのは過去にヒットしたべたやつだけで、

マニアックな作品は見れないでしょう?」ということです。

 

しかし、そもそも俺にしかわからないマニアックな良作を探すことは、

コスパの良い行動なのでしょうか!って思うのですよ。

 

たしかに、他の人が誰も知らないような、超面白い作品を知っていれば、

優越感に浸れるでしょう。

でも、そのためには幾千幾万ものおもしろくない駄作を大量に

見ていかなければならなくなります。

 

せっかくの自分の時間を使って、

「今のところ面白くないけど、あとから面白くなってくるはず!」

と信じて、駄作を最後まで見続けるというのはしんどすぎるのです。

たいていは、面白くならないまま終わることになりますから。

 

一生かかっても見切れないほどに、

映画やドラマはこの世にあるわけですから、

みんなが、もしくは一部の層のみんなが面白いという太鼓判を押した

名作だけ見ていくほうがコスパが良い気がするのです。

 

だから私のアマゾンプライムビデオの使い方は、

おすすめなどに出てきた、聞いたことのある名作を片っ端から

機械的に考えずに選ばずに、自動的に見ていくというやり方を取ります。

機械的に選ばずにおすすめ通りに見ても、どうせ面白いに決まっているのですから。

 

ちなみにおすすめに従って見てみて、

予想以上に面白かった作品を列挙します。

 

 ①おっさんずラブ

土曜ナイトドラマ「おっさんずラブ」公式ブック

土曜ナイトドラマ「おっさんずラブ」公式ブック

 

②メイドインアビス

 

メイドインアビス ナナチ NONスケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア

メイドインアビス ナナチ NONスケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア

 

 ③シン・ゴジラ

 

シン・ゴジラ

シン・ゴジラ

 

 ④オールドボーイ

 

 こんなところでしょうか。

どれも名前だけは聞いてことありましたが、

ヒット作を見るのはミーハーな気がして避けていました。

でも流行っているということは、それだけ面白いということですよね。

 

ということで、時短のためにもヒット作をガンガン見ていきます~

どうせ見放題だから、面白くないと思ったら、他のを見ればいいだけですしね。

 

2018/11/04記事作成