節約系ミニマリスト0.5

本多静六式改 収入があるたびにその1/2 を自分のために取っておく 🌊 節約からの投資のコンボ

ブログで成功したければ、 ガタガタ言わんで1日4~5本記事を書け

スポンサーリンク

どうも、節約系ミニマリストのルパン座3です。

 

最近は基本に戻って、我らがブロガーの始祖にして、

2010年代 最大の成功者 イケダハヤト尊師の2、3年前のブログ記事を、

何度も読み返しています。

 

イケダハヤト尊師の行いについての良し悪しに関しては、

また後日 記事にしたいとは思います。

ただ、 尊師が数年前に書いていたブログ運営論というのは、

かなり的を射ている、 優秀なものだと思います。

しっかり読み込んで、 イケダハヤトイズムを頭に叩き込みたいと思います。

 

尊敬はしているけど、イケダハヤトにお金は払わない

ちなみにイケダハヤト尊師は、 ブログ運営の有料noteなども

販売されていますが,節約系ミニマリストたるもの,

そのようなものは買いません。

 

イケダハヤト尊師のブログを隅から隅まで読めば、

全てその内容は乗っているからです。

ただ、読みやすく、使いやすくまとめただけというだけのnoteを買うのは,

ブルジョワのやることです。

 

時間さえかければ大概のことは独学で学べます。

そして、色々な本やサイトなどを調べて、一つ一つ自分で実験しながら、

学んだことの方が頭に残りやすく、イレギュラーにも対応できる力がつきますしね。

そして、なにより暇なので、ゆっくりじっくり独学でやりますよ。

金なんか払いません。暇がすぐにつぶれてしまっては、もったいないです。

 

 

イケダハヤト尊師曰く、ブログを成功させるには

さてそのイケダハヤト尊師のブログを見ていて、

どうやったらブログで稼げるようになるのだということを

日々学んでいるのですが、答えとしては簡単なものでした。

 

尊師曰く、

毎日ブログを書くのは当然として、

1日4つ以上記事を書け!

1日1万字以上文字を書け!

そして、 最終的にブログに1000時間費やせ!ということです。


f:id:rupannzasann:20180913134255j:image

尊師が言うことですから、

さぞやスタイリッシュで、

簡単に稼げる道があるのかと思いきや、なかなか王道なアドバイスです。

 

尊師曰く、

確かに数ヶ月で大幅に稼げる人間もいますが、

あなたが凡人だと自分で認識してるのであれば、

まずは1日数時間ブログに時間をかけ、

1日4記事書く、

1日に1万字書くというような

ブログに圧倒的に時間をかけるということをすべきなのだと。

 

努力もせず才能もないくせに、 ちょちょっとブログを書いただけで

儲けようなどというのは、ブログを舐めているとしか言えないのです。

 

 

早速1日で5記事1万字書いてみた

早速この記事も含めて、今日で5記事書き、合わせて1万字弱書いてみました。

音声入力で入力をして、その後パソコンで修正をかけて、

Google AdSense を載せるという一連の流れで、

5記事書くのにかかった時間は合計3時間程度です。

時間云々というより、頭を使いっぱなしだったので疲れました・・・

 

今回はブログを書くためのネタがいくつか事前に思いついていたので、

すぐ書くことができましたが、

ネタが思いついていない状況だとなかなか、こう簡単には書けないでしょう。

 

明日からも毎日出来る限り4から5記事書きたいと思いますが、

どこまでネタが持つか自分の限界との挑戦です。

アウトプットばかりだとネタ切れが起きるので、

インプットもその倍やらなければなりません。

 

ブログレイアウトなどは今は、あまり意識していません。

まずは圧倒的な文章量を書く力を身につけたいと思います。

年末までに累計記事数を1000記事達成しな!

今、2/3ちょい書きました。 後1/3を 残り4ヶ月間で書いてみせます。

1日3記事書いていけば余裕で達成できます。

 

おそらく1日4記事、5記事書いたとしても、

アクセス数自体はそれほどを大幅に増えないと思います 。

 

www.rupannzasann.com

 それは、昔実験して証明済です。

4倍5倍記事を書いても、アクセス数がその日のうちに、

4倍5倍になるてことはまずないありえないでしょう。

1.2倍とかにはなるかな~

でもまずは1000記事書かないと、儲かるという土台に立てないのです。

なので 目先の儲けは無視して1000記事書いていきたいと思います。

 

幸いなことに、文字をたくさん書くことは好きなんだよな~

そういう点だけは、私はブログに向いているのだよ。

面白い記事を書けていないという点は申し訳ないですけど。

 

2018年9月13日記事作成