節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。趣味で喫茶店も運営。玉砕演説

夜中まで飲んだらカプセルホテルに泊まるよ

スポンサーリンク


f:id:rupannzasann:20181209141954j:image

どうも、イケハヤ尊師ご推薦、万年厄年、節約系ミニマリストのルパン座3です。

 

昨晩は、会社の同僚と3時まで那覇で飲み歩きました~

年何回かのことですからね。楽しく飲めました。

さて、午前3時に那覇の国際通りで解散となりましたが、

ここから自宅までタクシーで帰るとなると、深夜料金で3000円くらいになります。

 

だったら、カプセルホテルに泊まったほうがコスト下がると考え、

今回は国際通りの入り口にあるカプセルホテルに1泊しました。

1泊2500円で、朝食付きです。

なかなかお得な金額です。

www.maxialpa.com

ビルごと同じグループで経営しているっぽいです。

 

1階 太陽食堂というカレーが有名なお店

2階 ミュージックバー

3階 男性カプセルホテル

6階 女性カプセルホテル

という分け方です。

 

ということで、2階のミュージックバーから、

たえず、重低音が響いてくるというカプセルホテルです。

6階の 女性用のところは大丈夫なんでしょうけど。

でも、無料で全員にもれなく耳栓をくれるので、それをすれば、

それほど気になりません。

 


f:id:rupannzasann:20181209142039j:image

カプセルの外観はこんな感じです。

 


f:id:rupannzasann:20181209142103j:image

シーツと枕がぱりっとしていて清潔感抜群です。

 

www.rupannzasann.com

 よく台湾旅行時にはサウナに泊まるのですけど、

そこは全体的に寝具がしめっていますからね~

 

しっかり乾燥しているシーツで寝ることは幸福ですな。

 


f:id:rupannzasann:20181209142114j:image

コンセントとUSBポートもあるので、充電もできます。

無料wifiは飛んでいますが、電波が弱いです。

そこだけ残念ですが、眠すぎてすぐ寝たので関係ないでした。

 
f:id:rupannzasann:20181209142130j:image

あと入り口が完全なドアではなくて、上から降ろせるすだれみたいなやつですし、

カギはかかりません~

隣のカプセルに泥棒がいたら忍び込めてしまいますで、

貴重品の管理は気をつけてください。

でも、どの宿泊者てきとうにスーツケースなども転がしてありました。

 


f:id:rupannzasann:20181209142152j:image

 


f:id:rupannzasann:20181209142203j:image

シャワーが男女各階に2つずつあるので、

シャワー待ちにはあまりならないと思います。

トイレもきれいです。

 


f:id:rupannzasann:20181209142214j:image

今回は深夜のチェックインということもあり、

メールで入り口の暗証番号を送ってきて、それを入力して入室しました。

それから見て分かる通り、深夜はだれも従業員がいません。

支払いも事前にクレジットカードで終わっていますので、

チェックアウトまで一度も従業員と会いませんでした。

だからこそできる値段設定ですけど。

 

 

なので、問題などがあったら警察を呼んでという形でした。

これは少し怖いですね~

普通なら、まずはホテルの人を仲介に入れてから、問題を解決するということが

できますからね。

 

まあ、深夜にチェックインして、寝て、シャワー浴びて、朝食食べて帰るだけ

なので、そこまで問題は起きないでしょう。

 

今回はチェックアウトの時間である11時の30分前に目が覚めたので、

急いでシャワーだけ浴びて出ました。

朝食食べられなかったのが残念です。

 

ちなみにあまり外国人客はいないみたいでした。

 

カプセルホテルのこのような使い方面白いですよ~

この後、那覇をプラプラしてから帰りました。

 

2018/12/09記事作成