節約系ミニマリスト0.5

本多静六式改 収入があるたびにその1/2 を自分のために取っておく 🌊 節約からの投資のコンボ

ダイエットのモチベーションは節約

スポンサーリンク


f:id:rupannzasann:20181031141102j:image

どうも、回り道ばかりのろくでなし、節約系ミニマリストのルパン座3です。

 

お見合いに向けてただいま絶賛ダイエット中です。

 

www.rupannzasann.com

 

お見合いでの成功率を上げるために、

痩せなければならないという明確な目的があるのですが・・・

それだけでもなかなか モチベーションが続きません。

 

 

簡単に痩せられるくらいだったら、デブやってませんからね。

ということでダイエットにくじけそうになった時は、

ダイエットしてるおかげでいくら節約できたかを計算して、

モチベーションを上げています。

 

私は固定費を除いて、一週間7000円で乗り切るように予算を組んでいます。

なので 単純計算だと1日で使っていいお金は1000円となります。

 

しかし、ダイエットのためにバスや電車を使わずに、

自転車に乗るようになり ましたし、歩く距離も増えましたので、

交通費がまず浮きます。

 

食費も自炊が増えるのと、食べる量自体が減ることと、

間食を食べなくなるということで大幅に浮いてきます。

といことで、ダイエットをすることにより、

交通費と食費が1/3くらいになりました。

そうなると2万円とか月で節約になってきます。

 

食費を下げられる工夫の例をあげてみますと、

例えば、糖質制限をしているときに、

ほっともっとでは、

ごはん抜きを注文するようになるの、でその分弁当代も 安く済みます。

 


f:id:rupannzasann:20181031145416j:image

ほっともっとでは午後2時から6時であれば、

おかずのみを注文したら追加で30円引きになるというものがあります。

そもそもおかずのみを注文したら、普通の弁当をより100円引きになります。

合計130円引きになるということです。

なので390円の唐揚げ弁当が、この時間におかずのみで注文すれば、

260円で買うことができるのですよ!

 

おかずのみだけだとお腹がすくので、合わせてとん汁を頼めましょう。

100円アップとなりますが、それでも360円です。

おかずのみでも、とん汁がつけば、かなりお腹は膨れますよね。

 

 


f:id:rupannzasann:20181031145425j:image

今回は、昨日の夜と今日の朝と糖質をとっていなかったので 、

ミニうどんをセットで買いました。

ミニうどんだと110円アップで370円になります。

一食370円ですねば。 まあまあ安くなりますよね。

 

より糖質を制限したければ、とん汁をつけたらいいですが、

ポテトサラダとスパゲティがありますし、

とん汁の中にジャガイモもあるので、それだけでもまあまあ糖質は取れるので、

プチ糖質ダイエットには ちょうど良い組み合わせかなと思います。

ダイエットしながら、 安くて美味しく食べられて糖質制限できる

外食や料理方法を考えていきたいと思います。

 

2018年10月31日記事作成