節約系ミニマリスト0.5

本多静六式改 収入があるたびにその1/2 を自分のために取っておく 🌊 節約からの投資のコンボ

節約系ミニマリスト、エステに行く

スポンサーリンク


f:id:rupannzasann:20181120132509j:image

どうも、万年厄年、節約系ミニマリストのルパン座3です。

おっさんですけど、ひょんなことからエステティックサロンに通うことになりました。

 

どのような流れでそうなったかと言うと、 

知り合いの社長さんが フランチャイズの エステティックサロンを経営しており、

今月末で、ある人数を動員できれば 全国表彰に選ばれることが確定するということで、人数合わせのために来てくれないかという依頼を受けて行ってきたのです。

 

通常1時間6000円でフェイシャルエステをするお店なのですが、

半額は出してくれるというので、ブログのネタにもなりそうなので、

初エステティックサロン挑戦してきました。

 

 

入ってからすぐに感じるアウェー感

まず店に入ってみると、女性客と女性の店員しかいません。

何でも、95%女性客しかいないし、残り5%も ゲイっぽい男性客しかいない

ということでした。

 

私はゲイっぽい容姿 でもないので、

妻を迎えに来た旦那かな?という顔で女性客には見られました。

そのため、私がエステの部屋に入っていくところを見た他の女性客は、

少し驚いた顔をしていました。

 

ブスデブのくせに、 サロンの写真をSNS にあげてやがると、

後で文句言われたらしんどいので 写真は撮れませんでした。

でもちゃんと60分頑張ってサロンを受けてきましたよ。

 

 

エステの流れ

 フェイシャルエステの流れは、

①顔を蒸気で温めてマッサージする

②超小さい掃除機みたいなので顔の皮脂を吸い取っていく。

③肌に良さそうな色んな液体を顔につけてはパックしていくというのを

繰り返していきました。

 

大変美人でスタイルの良いエステシャンに、

顔を1時間いじられていたので、ずっと緊張しっぱなしでした。

なんかよくわからないおしゃれな話をしてくるし・・・

ということで、後半は寝たふりをしていました。

 

本当は寝たかったんです。

めちゃくちゃ心地いいのですけども、私は眠ったらすぐいびきをかいてしまうので、

エステティックサロンで大いびきをかいて、

他の客に迷惑をかけて、店の品を下げてもいけませんので、

必死に頭の中で、般若心経を唱えたりしながら、

頑張って眠らないようにしました。

 

 それだけ私が頑張っているというのに、隣の女性客は大いびきをかいていましたw

上品そうな顔をしていたマダムなのにやること大胆です。


f:id:rupannzasann:20181120163108j:image

 

エステ後も大変

エステ後の顔を触ると、確かにもちもちしていて、いつもの肌感と違いました。

あとこのようなサロンでは、 エステの後に軽く、「商品買いませんか」という

営業を聴きながら、他の客とお茶やお菓子を食べるという

地獄のような時間がありまして、

そこで他の女性客と実のない会話をしながら、

ずっと顔をひきつらせていました。

我ながら頑張ったと思う。

 

でもね、

日頃、ベッドなんかいらん寝袋で寝るとか、

食器なんかお椀と皿一枚で十分とか話している私に、

おしゃれな会話は無理ですわ~

 

米津玄師の話とかしていましたね。

最近まで、マジでお坊さんだと思っていたくらいなので、

「へ~そうなんですね!すご~い」

とキャバ嬢みたいな返答を繰り返して乗り切りました。

 

ちなみに、この店のシステムはバーのキープのように、

自分のエステ用のクリームなどを 事前に買っておいて、

それを毎回使いながら月一回通うという形だと、

毎回のエステ代は2000円だそうです。

 

キープ用のクリームなどは12回使える分で全部合わせて2万円ちょっとだったので、

なかなか お手軽といえばお手軽なのかもしれません。

相場がわからないので、何とも言えないけど。

 

なんと私は、この社長さんにそのクリームとかをただでいただくことができました。

なんでも1年以上前に途中で来なくなった人のあまりだそうですが、

別に気にしないのでそれをもらいます。

 

ということで、

ここから1年ほど 月一回に2000円払って エステを受けに行って、

肌質の改善をして私の 販売の仕事にもいかせるように頑張っていきます。

肌が汚い人間からは商品買いたくないですもんね。

 

あとはパートさん達と軽くエステの話などで盛り上がれるかなという打算もあります。

いやー店長職はつらいぜ。

何はともあれ良い経験をしました。

 

2018年11月20日記事作成