節約系ミニマリスト0.5

本多静六式改 収入があるたびにその1/2 を自分のために取っておく 🌊 節約からの投資のコンボ

尊敬している人を5人あげてみよう

スポンサーリンク

どうも、節約系ミニマリストのルパン座3です。

 

最近個人的にはまっているゲームが、

「尊敬している人を5人あげてみよう」ゲームです。

まあ、ゲームと言っても尊敬している人を5人あげてもらって、

その理由を聞くというだけですけどね。

 

尊敬している人一人あげろだと、まだデータが不足していて、

質問した相手の思想がどのようなものか理解することは難しいです。

でも、5人もあげるとほぼ理解できます。

お互い5人あげてもらって、その理由をワイワイ言い合うのが楽しいです。

婚活パーティーの質問はこれで統一にすればよいのになと思います。

短時間で一番お互いを知ることができると思います。

 

ただこのゲームは仲が良い人間とやったほうが良いです。

あまり知らない人とやった時に、宗教関係者の名前が出たりすると、

変な雰囲気になるから。

 

さて、では本題に入ります。

私、ルパン座3の尊敬している人5人はこの人たちだ~!!

意外と現代ミニマリストは入っていないんだよな~

参考にはするけど、別に尊敬はしていない。

尊敬できるのはこの5人だけです。

 

 

 

本多静六

この人の著書、「私の財産告白」は、

給料の半分をまず投資に回す分として取っておき、その残りで生活をする。

という節約系ミニマリズムを教えてくれた方です。

戦後すぐになくなられた方ですが、

今でも本多さんの考え方は、バリバリ現役です。

 

www.rupannzasann.com

 私のブログ読むよりも、まずはこの本を読むべきでしょう。

沈みゆく日本人全員の必読書です。

 

ひろゆき

2ch創設者にして、日本一弁の立つ男。

億万長者でありながら、生活レベルをほとんどあげることなく、

家賃以外には月10万円も使っていないのではないだろうか

という生活をおくる、

まさに、お金をかけずに人生を楽しむ天才。

無料でyoutubeなどで、毎月数回数時間の生放送をしてくれるので、

それを聞いているだけでも圧倒的に教養レベルが上がるし、

思考レベルが上がります。

何より、お金を使わずにいかに楽しむかを良く考えさせられます。

 

岡田斗司夫(おかだ としお)

トップをねらえなどで知られる、アニメ会社ガイナックス創始者にして、

オタキング(オタクキングの略)と自称するオタク会のキング。

 

オタク話はもちろんすごいけど、むしろ、経済問題、社会問題に関する

視点の鋭さが恐ろしい人。

特に講演における、今後使える智慧の情報量がすごい!

スポーツと政治以外は何でも話せる人です。

それでいて、

「スポーツなんて嫌いです。あんなもんただの現象でしょう?

何の再現性もないものじゃない」と言い切るところが素敵!

 

毎週日曜日、岡田斗司夫ゼミという番組をyoutubeで

放送してくれています。

 

東浩紀(あずま ひろき)

あまり政治についてのことは興味が無いのですが、

哲学者である東浩紀さんが語る政治論は、おもしろいです。

まあまあ、キレやすい人なので、ニコ生をやっては、コメントに

ブちぎれて場を凍らせたりするのはいただけないけど、

勉強になる新しい視点を教えてくれる人です。

 

有吉弘行

元猿岩石の有吉さんは、

毎週日曜日20時~22時でsunday night dreamer 

というラジオを10年近くやっています。

これが異常に面白いラジオです。

 

歴代すべてのラジオの中で一番おもしろく、下品で、人の悪口ばっかり

流れるラジオです。

ゲスナーとリスナーを呼ぶのですが、有吉配下のゲスナー達の

投稿のレベルが異常に高い番組です。

 

このラジオを聞くと、他のラジオが間延びして、

ダラダラ話しているだけのように聞こえてきます。

あと、このラジオを毎週聞くだけで、テレビを見ていなくても、

ざっとその週の芸能ニュースが頭に入ります。

 

 

 

まとめ

ということで、私の尊敬している5人をまとめると、

本多静六

ひろゆき

岡田斗司夫

東浩紀

有吉弘行

この5人となります。

こ5人思想にふれている時間は、毎日1時間以上はあります。

良くも悪くもここからインプットが主に行われるので、

偏った思想になりがちなところが反省点です。

そこを補える、新たなる思想家をあと2人ほど追加したいと考えています。

 

いつの日かこの人達みたいに、物事を鋭い視点で見ることができるように、

日々ブログを通してアウトプットを重ねて、

自分なりの思想を構築していきますよ!

 

2018/09/25記事作成

 </

 

 

p>