節約系ミニマリスト0.5

本多静六式改 収入があるたびにその1/2 を自分のために取っておく 🌊 節約からの投資のコンボ

毎日ブログを書けるということは、毎日新しい何かに挑戦しているということだ

スポンサーリンク

f:id:rupannzasann:20180728054853j:image

どうも、節約系ミニマリストのルパン座3です。

 

ブログを書き始めて、もう少しで9ヶ月目に入ります。

毎日1記事以上投稿を始めて250日になります。

 

ブログを書き始めて1番変わった点は、

記事を書くために毎日何か新しいことに挑戦するようになったと言う点です。

 

 

新しいことに日々挑戦し、その様子をブログにアップする

 

例えば、昨日の記事のように、

 

www.rupannzasann.com

 

 

室内で野菜を育て始めたりなどです。

室内で野菜を育てつようになって、

不思議と部屋の空気が良くなったような気もします。

夜間の間は野菜といえども呼吸しかしていないので、

空気が良くなるわけは無いのですが、気分的なものですね。

このようなことは、実際にやってみないと分かりません。

 

f:id:rupannzasann:20180728055203j:image

寝起きに横を見ると、このようにプランターの中の

サニーレタスサラダやサラダ菜がおはようしています。

 

ブログを書こうとしなければ、まず、このようなことをしなかったでしょう。

あえて、毎日同じようなことを書き続けている、

堂々巡りのようなタイプのブログもあると思いますが、

それ以外のタイプのブログを毎日書けると言う事は、

毎日、何か新しいことに挑戦している証拠だと思います。

 

そうしないとネタが持ちません。

新しいことに挑戦せずとも、脳内の面白い発想を書いているだけで

人をひきつけることができる天才ブロガーは別です。

大抵のブロガーは脳内のことをまとめるだけでは、

なかなか面白いことを毎日書けません。

 

大事なことはリアリティー

 

だからこそ普通のブロガーは日々新しいことに挑戦し、

リアリティーを持った実体験の記事を書くべきです。

 

なかなか面白いことを書けない人間でも、

面白い体験をすれば、面白い記事を書くことができるわけです。

大事なのは頭の中で物事を完結させるのではなく、

実体験によるリアリティーを重視することです。

 

リアリティーがあればあるほど記事に重みが出ます。

私のブログでも実体験に基づく体験レポートの記事が、

アクセスを稼いでいます。

 

www.rupannzasann.com

 

 

頭の中でごちゃごちゃ考えた理論系の記事は、

アクセスがあまり良くありません。

 

www.rupannzasann.com

 

やはり、理論だけではリアリティーにかけていて、つまらないのでしょう。

実際に自分で体験したからこそ語れるものって多いのですよ。

 

検索しても答えが出ないものに価値がある時代

 

最近つくづく思うのですが、私は検索しても答えが出ないモノが大好きです。

皆さんもそうではないでしょうか。

 

検索しても答えが出ないと言う事は、

とりあえず日本でそのことを思っていた人間は、

私が最初と言うことになります。

検索の壁というか知識の壁というか、

それを超えた新しい世界それを知りたいのです。

 

f:id:rupannzasann:20180728055308j:image

ブログを読んでいると、たまにそのような記事に出会うことがあります。

この、誰もまだやっていなかったことをやったり、

誰も思いつかなかったことを始めたという記事に出会った時は、

最高に楽しいです。

ある意味、みんなが研究者気質になって何かを調べるように

なっていけば良いのです。

 

私の記事が、そのような領域に入っているかというと、

まだまだ全然ですが、 1つでも多くそのような記事を書けるように、

頑張りますよ!

検索の壁、知識の壁を超えた、新しい世界。

それをみんなで目指して行けたら、

より楽しい毎日が待っていると思います。

 

2018/07/28記事作成