節約系ミニマリスト0.5

本多静六式改 収入があるたびにその1/2 を自分のために取っておく 🌊 節約からの投資のコンボ

田舎でもローソンのおかげで成城石井の商品が買える

スポンサーリンク


f:id:rupannzasann:20181102071005j:image

どうも、回り道ばかりのろくでなし、節約系ミニマリストのルパン座3です。

 

私、沖縄在住ですが、 ふとローソンに立ち寄ってみた時に、

成城石井コーナーが新たに設置されてのを見つけました。

 

 

沖縄の田舎者からすると、

成城石井と聞くと、

東京とかにある、金持ちが行く輸入品を扱ういけてる店というイメージです。

シロガネーゼが行く店みたいなイメージでもあります。

そんなイメージで当たっていますでしょうか。

 

テレビや雑誌でちょこちょこ名前は聞くのですが、

実際の店舗は見たこともなく、夢が膨らむだけのお店でした。

 

そのようなお店の商品が沖縄で買えると言うのであれば、

楽しみでしょうがありません。

そもそも何でローソンに成城石井の商品があるかと言うと、

成城石井はローソンに買収されていたのですね。

今後このように成城石井の商品が、ローソンに並ぶ機会も増えてくるでしょう。

 

 

節約系ミニマリスト買った成城石井商品

ローソンに成城石井の商品が並んでるからといって、

ばかすか買うようなことはしません。

私、節約系ミニマリストですから。

 

ということで一品だけ買うことに決めて、

10分ほど商品棚を じっくり見ていきました。

このような時間が最高の時間つぶしです。

 

そしてガーキンスピクルスを買うことにしました 。

瓶いっぱいにピクルスが入っていて、

税抜き300円ですから、 なかなかお得です。


f:id:rupannzasann:20181102071020j:image

瓶がきれいでしっかりしているので、

瓶代を除けば 中身の価格は200円くらいでしょうか。格安です。 


f:id:rupannzasann:20181102071031j:image

わざわざ インドから輸入しているのですね。 どのような味なのか楽しみです。

 

 

ガーキンスピクルス実食

家に帰ってみて開けてみようとして気がついたのですが、

蓋以外に外にコーティングとか何もされていなくて、

ただただ思いっきり蓋をきつく締めることで、

中身が漏れないように作られてました。

さすが輸入品。

 

ということで私が今まで開けてきた瓶の中で、

最もきつく開かない瓶でした。

10分位無理やり開けようとしたのですが、なんとも開かず、

蓋を熱湯で温めて、蓋の大きさを大きく膨張させることでなんとか開けました。

本当に暖めるのは効果大なんですね。

すぐに開きました。

 


f:id:rupannzasann:20181102134231j:image

ピクルスは漬物なので、ご飯に合うかなと思って、

ご飯のお供として、漬物代わりに食べていました。

 

収穫後24時間以内にピクルスにしたというだけあって、

ミニきゅうりが 噛みごたえもありぷりぷりしてて美味しいです。

 

ただ問題点として 砂糖酢漬けなので、

甘くて、いまいちご飯に合いませんでした。

なので間食代わりにポリポリ食べるという形で使っていこうと思います。

 

 

予算内の範囲でプチ贅沢

どうしても買わなく買わなければいけなかった食品というわけではありませんが、

予算の範囲内で、たまにこのようなものも買って、

生活を楽しんでいけたらなと思います。

 

私は 月収の半分で生活して残りの半分は最初で投資用として、

別の口座に移しています。

そのラインを超えない範囲での贅沢は良しとしています。

 

節約が目的なのではなく、月収の半分で生活することが目的なので、

月収の半分で生活できてのであれば、多少の贅沢は良しとしています。

と言っても 月8万程度で生活しているので、

多少の贅沢というのも本当に多少ですけどね。

 

安い家賃のアパートで、

自炊しながら、自転車に乗って生活していれば、

お金というのはあまりかからないものです。

 

2018年11月2日記事作成