節約系ミニマリスト0.5

本多静六式改 収入があるたびにその1/2 を自分のために取っておく 🌊 節約からの投資のコンボ

沖縄行き、沖縄発フェリーの客室は二等寝台にしないとその日1日台無しになる

スポンサーリンク


f:id:rupannzasann:20181203125245j:image

どうも、万年厄年、節約系ミニマリストのルパン座3です。

色々あって週末実家に帰省していました。

 

www.rupannzasann.com

 

 

私の実家から沖縄本島までは、船でも飛行機でも帰れるところなので、

帰りは船で帰りました。

せっかくなので、ブログの記事のネタになるので、

等級が上の部屋で乗船券を買おうかと思ったのですが、

もういっぱいだということで、渋々2等寝台を買いました。


f:id:rupannzasann:20181203125304j:image

ちなみに、特等客席が9310円、一等客席が7200円、二等和室が2980円で、

二等寝台が4600円です。

最安値の二等和室と比べると、寝台は1620円アップとなりますが、

それだけの価値はあります。その説明をして行きましょう~


f:id:rupannzasann:20181203125326j:image

二等和室はこんな感じで 、横の人と接するような形で寝なければなりません 。

あと部屋の匂いや毛布の匂いが臭いので、それだけでより船酔いが加速されます。

車酔い、船酔いの理由の一つはその空間の匂いですから。

あと部屋が明るいので、眠ることが難しいです。

騒いでいる人もたまにいるし、最悪なときは大会へ向かう中学生の団体と

部屋がかぶります・・・あれはもうサルですから。

f:id:rupannzasann:20181203125341j:image

二等寝台はこのような形で、一部屋に8個 ベッドがあるような形です。

各ベッドにコンセントもありますし、ライトもあります。

USBポートはないけど。

カーテンもしまりますので、暗くして寝ることもできます。

船内を歩いて回れるスリッパも付きますので、靴下脱げますよ。

f:id:rupannzasann:20181203125402j:image

こんな感じでドミトリータイプのゲストハウスみたいな空間です。

足もしっかり伸ばすことが出来ますし、服を掛けるハンガーも付いています。

何より布団や毛布がしっかり洗濯されているので、

臭いが臭くて酔うということはありません。

1620円でこれにグレードアップできるのだったら、 やったほうがよろしいでしょう。

 

 


f:id:rupannzasann:20181203125418j:image

あとフェリーにはこのようにお風呂が設置されてることもあります。

湯船もありますので、 船の中で湯船に入るというダジャレみたいなことができますよ。私も30分しっかり浸かって疲れを取りました!

船で寝てると汗もかきますのでね。

途中でお風呂に入りに行くのは良い時間の使い方です。

 


f:id:rupannzasann:20181203125435j:image

ちなみに船内の wi-fi は最弱なのであまりあてになりません。

信じられないくらいつながりません。

普通のスマホの通信で頑張って通信しましょう。

島と島との中間地点だとあまり電波を入りませんが、

島に近づけは電波はバリバリ入ります。

島に近づくまでは寝といて、島に近づいたらスマホをいじるという風に、

使ってみてください。

 

LCC で安く飛行機に乗れるようになりましたが、

それよりもやはり安いのがフェリーということになります。

時間が取れる時はフェリーでゆったりと旅行というのも、

よろしいのではないでしょうか!

 

その時に是非寝台や個室を取って、さらにゆったりと旅行をしてみてください。

それだとしても LCC よりは安いはずですよ。

2等和室では疲れがマックスになった状態で目的地に着くので、

その後半日何もする気がなくなります。

 

2018年12月3日記事作成