節約系ミニマリスト0.5

本多静六式改 収入があるたびにその1/2 を自分のために取っておく 🌊 節約からの投資のコンボ

負荷をかけないと、自分はサボると思った方が良い

スポンサーリンク

f:id:rupannzasann:20180920010901j:image

どうも、節約系ミニマリストのルパン座3です。

 

最近のマイブームは、1日4記事、5記事書いて、

ブログの信用度上げていくということです。

 

www.rupannzasann.com

 記事数を増やしてもアクセス数倍増とはいきませんが、1.2倍程度にはなります。

 1日で、4記事5記事書くようになって、改めてわかったことですが、

やはり人間は、ある程度自分に負荷をかけないとサボってしまいますね。

 

 

負荷をかけないと、昨日と同じ今日になってしまう

 数日で1記事でOKとか、1週間に1記事でいいか~と思うと、

ブログのネタを真剣に探そうなるとしないですね。

ただ、ただ、いつも通りに仕事場と自宅を行き帰りし、

適当に YouTube でも見て、昨日と変わらないような日々を送り、

何もブログに書くことがないな~とぼやくという状況に陥ってしまうのです。

 

やはり、ある程度自分に負荷をかけて、 意識して動かないといけないような

状況に自分を追い込む方がよろしいと思います。

負担をかけなくても、自分はサボらずに頑張れるという方も

いらっしゃると思いますが、ほとんどの人はそうではありません。

 

自分で自分に負担をかけないと、

自分はきっとサボる!と思って計画を立てた方が良いと思います。

 

ちょっとブラック企業的な発想ではありますが、

負荷をかけていけば、その内にそれに慣れていき、

その負荷が負荷とも思わなくなっていきます。

 

自分のやる行動に関して負荷をかける分には、

ブラック企業でありませんから、労働基準監督署に何も言われません。

ある程度自分に負荷をかけながら、より良い生活、

より良いブログ活動をやっていきたいと思います。

 

 

例えば、ブログ高速執筆にチャレンジしてみた

ちなみにこの記事は、15分間で記事が書けるかどうかという

チャレンジの元、書いてみました。

f:id:rupannzasann:20180920155851j:image

なぜそれほど速く書けるのかというと、

音声入力を使っているからです。

音声入力で9割がたの文量を書くことに使う時間は5分もあれば、

十分です。

千文字~2千文字程度の文章なら、音声入力で5分で書けるのです。

 

音声入力で入力して、パソコンでダッシュで修正かければ、

トータルでなんとか15分で書くことができました。

負荷をかければ、今までにない自分を発見できるという利点もあります。

 

あとは、事前にすぐにブログ記事ににアップするように、

写真や画像などはまとめて編集しておいてあるので、

いつでも投稿することができるという点もあります。

これからもできるだけ自分に負荷をかけて、

高速執筆は極めていこうと思います。

 

2018年9月20日記事作成