節約系ミニマリスト0.5

本多静六式改 収入があるたびにその1/2 を自分のために取っておく 🌊 節約からの投資のコンボ

1日2食生活をする場合に、どの2食を取るべきか。

スポンサーリンク

f:id:rupannzasann:20180804192957p:plain

どうも、節約系ミニマリストのルパン座3です。

 

今回は1日食生活をする場合に、どの2食を取るべきかの話です。

ミニマリストになる前の私は、

朝食抜き&昼食夕食は食べるという生活でした。

これに関しては問題があり、午前中に頭が回らないという点と、

太りやすい点、昼食、夕食という費用の掛かりやすい食事を

2つとも残したので、食費が高いというこ点がありました。

 

 

その後、「やってみました!1日1食」という本を読んで、

1日の内15時間程度、消化器官の中に固形物が無い時間帯を作ろう!

と思い立ち、

朝食と昼食を食べ、夕食は食べないという生活を始めました。

 

1日3食しっかり食べると、消化器官の中にいつも

消化中の食べ物がある状態になり、消化器官が休み暇が無くなり、

疲れやすくなるということが、この本で書かれています。

それを踏まえて、消化器官の中に固形物が無い状態の時間帯を

意図的に作りました。

 

 

 

3食の内で一番費用をかけがちなのが夕食なので、

節約効果も大きいものでした。

これと自転車で通勤を始めたおかげで、2か月で10kg以上体重が減りました。 

何よりも、寝る段階で消化器官の中に食べ物が入っていないので、

睡眠の深さが段違いで、4、5時間の睡眠で目覚まし無しで起きられるように

なりました。

やせるし、良く眠れるし、節約にもなる。

 

夕食抜き生活が崩れる

 

このままこれでいこうかと思っていましたが、最近状況が変わりました。

GWで台湾とカンボジア旅行をしている間に、

1日5~7食くらい食べ歩きしていたので、

胃が大きくなり、夕食抜きがきつくなりました。

 

 


そして、結局3食食べる生活に戻ってしまいました。

体重も5kg戻りました。

これはいかんと思って、夕食抜き生活に戻そうとしても、

おなかがすいて仕方がない~という状況になり、また食べちゃうという

デブマーチ発動!

そして、夕食を食べることにより、食費も月1万円UP。

まさに元の木阿弥・・・・

 

朝食と夕食を食べるという2食へ変更

ということで、

朝食と夕食を食べ、昼食を抜くという2食へ変更をしました。

 

これにより、夕食抜きほどではないですが、

月の食費も7~8千円浮く計算です。

そして、朝食を6時、夕食を22時に取ることで、

固形物をとらない時間帯を16時間取ることができます。

そこで消化器官を休ませることで、健康になれます。

 

本当は、寝る前に食事をするのは良くないことですが、

仕事が終わって帰宅するのが22時なので仕方がないです。

その後1時半ごろまで起きてから寝ますので、ある程度消化は

できているでしょう。

なので、睡眠の質もそこまで低下していません。

 

そうは言っても、また昼食食べちゃうんじゃない~

という疑いがありますが、昼食抜いて、お昼~夜おなかが空いたとしても、

仕事中なので、食事をとる暇が無いので、食べたくても食べられないのです。

このように、食べたくても食べられない強制状態に自分を

追い込む方が楽に我慢できます。

夕食を抜く形だと、仕事終わりなので、飲み会にそのまま行くこともあり、

結局食べちゃうこともありました。

 

ということで、朝食と夕食をとり、昼はプロテインと青汁のドリンクのみ

という形で乗り切っていきます。

バリバリ肉体労働というわけではないので、これで十分です。

 

もし、昼食を食べないといけない状況になった場合の日のみ、

夕食を抜くとします。でも、そのような人は年10日もないでしょう。

8、9月で体重を戻せるようにします。

太ると服も買いなおさないといけなくなりますし、

ズボンの股は破けるし、何より病気になりますから。

しっかりと節制して体重減らします。

 

2018/08/04記事作成