節約系ミニマリスト0.5

本多静六式改 収入があるたびにその1/2 を自分のために取っておく 🌊 節約からの投資のコンボ

不要な家具の画期的な売り方 循環型代行販売in沖縄⇒後日談必読

引っ越しで家具を処分するときに、どうすれば一番高く売れるでしょうか?

その検討をした結果のお話です。

 

どうも、固定費を下げるのが一番の節約!ということで、引っ越しの準備中の

節約系ミニマリストのルパン座3です。

 

家具の処分方法として検討したのが

①メルカリ姉妹アプリ「アッテ」で近所の人に家具を買い取ってもらう。

 

rupannzasann.hatenablog.com

 →引っ越しまでの日にちが無いのと、ダブルベットを運んでいけるようなトラックを

持っている人がいないであろうということで×

 

②粗大ごみとして出す

→お金を儲けるどころか、むしろとられるからもちろん×

 

③リサイクル業者に出張買取してもらう

→安くで買いたたかれる、見積もりを複数業者取るのがめんどくさい

 

ということで、

沖縄の大規模な家具グループ大川家具のReOKという店の

循環型代行販売をやってみました。沖縄在住の方必見!

この循環型代行販売とはどのようなものかというと、

①査定に来た時に、販売員と相談して売値を決める

(出張引き取り代2千円取られる)

→この相談して決めれるというのが面白いですね。

 

②まずは1週間その値段で店舗販売をする。(クリーニングなどはやってくれる)

③それでも売れないときは毎週土曜日に値下げしていく

2週間目突入で30%OFF

3週間目突入で40%OFF

4週間目突入で50%OFF

5週間目突入で60%OFF

6週目突入になったら0円で引き取られてしまう・・・・

ただ、沖最大規模のグループなのと、新春大売出しセール中だから売れるはず。

 

④販売価格の40%が売り主の取り分となり、販売価格いくらだったか報告があり、

銀行口座に入金される。

たとえば、今回買取してもらうのは、2つ


f:id:rupannzasann:20180116003924j:image

 14年前に6万円で購入した和ダンス→めずらしいものということで、3万円で販売することになりました。


f:id:rupannzasann:20180116003936j:image

2年前に7万円で購入したダブルベッド→大きすぎてあまり売れないということで、

2万円で販売することになりました。

 

1週間で売れれば、5万円×40%-2000円=18000円

5週目で売れれば、5万円×40%×40%-2000円=6000円となります。

一週間でうれてくれいい!

ちょっとワクワク感もあっていいですね。

ただこの制度は、何より業者にとって都合がよいですよね。

5週売れなければただでもらえるわけですからね。うまいこと考えたものです。

 

年末年始の大掃除で不要家具が大量に出たんでしょうね。

査定の予約3週間待ちでした。

 

そして約束の日に半休もらってくるのを待っていたのですが、

45分遅れてきましたね。

30分遅れた段階であと5分で来ますという連絡があり、15分で来ました。

まあ、その日に来ただけで良しとしよう。

 

沖縄で工事や引っ越し、内装の業者を頼んだら、時間守ることは少ないですから。

東南アジアと同じ感覚で時間は考えたほうがいいです。

5分で来ますと言って、15分かかる理由としては、

早い方がお客さんも喜ぶだろうという気持ちから、早めの時間を伝えてくるんですよね。時間の逆算が下手なんでしょうね。

だから沖縄は日本で一番残業時間が長いんですよ。

日本で一番仕事していないはずですけどね。

 

また、いくらで売れたか後日記事にします。

 

※後日談~

結果として、期日までに売れませんでした!

売れなかったという連絡すら寄越してこねえわw

クソすぎる。

買い替え時期の2,3月で売れないことあるかな~

結局、半日の有給が無駄になり、買い取り手数料の2千円取られ、

タダで、家具二つ持っていかれただけでした。

なかなか、そううまい話は無いか。それにしてもひどすぎるけど。

 


にほんブログ村

では、ありがとうございました

2018/01/16記事作成

2018/04/21記事追加