節約系ミニマリスト0.5

本多静六式改 収入があるたびにその1/2 を自分のために取っておく 🌊 節約からの投資のコンボ

寝袋生活2週間終了して、寝不足から風邪をひいたよ。

スポンサーリンク

f:id:rupannzasann:20180403111014p:image

 

www.rupannzasann.com

どうも、節約系ミニマリストのルパン座3です。

 

2週間寝袋生活をしてきて、なんとか以前の8~9割の寝心地で寝る感覚は

できてきました。

でも、やはり睡眠時間の低下と睡眠の質の低下は33歳のおっさんにはきついようで、

思いっきり風邪をひきました。

 

www.rupannzasann.com

 なかなか慣れないことをするものではないですね。

寝袋生活を試そうという方は、夜間の気温が厳しくない初夏から

試すことをお勧めします。

 

しかし、節約系ミニマリストたる者、ここで寝袋生活をあきらめて、

寝袋を捨てる!ということを言うわけにはまいりません。

寝袋を最大限に使って風邪を治します。

 

体温が1度上がると免疫力は5~6倍になると言います。

温かくして寝ることを試します。

 

 この寝袋には、冬用の袋状の毛布が付属でついています。

この毛布に潜り込んでさらに寝袋に入ることで、温まります。

-2度の気温でも耐えられる設計とのことです。

 

f:id:rupannzasann:20180403111029j:image

入りたては、「あれ?全然温かくないぞ?」という感じなのですが、

10分もするとポカポカを通り越して、あっつい!

さすがの性能です。

でも、気温15度の沖縄の春の夜には暑すぎる。

f:id:rupannzasann:20180403111148p:image

睡眠アプリで、睡眠状況を調べてみたのですが、最初の一時間覚醒状態を

保っているのは、暑すぎて眠れなかったからです。

 

しかも、この袋状の毛布は外の寝袋ほど大きめに作られていないので、

この毛布を着て寝ると自由に足が広げられないので、その点でも寝苦しいです。

 

結果、寝袋を脱いで、寝袋の下に敷いてある縦に2つ折りにした敷布団を、敷布団として使って、その上に寝袋をかぶせて無理やり掛布団的に使って

寝ました。

おかげで、深い睡眠を保ったまま朝を迎えることができ、

風邪も全快しました。

 

これに懲りたからと言って、寝袋生活はやめないけど、

大きさ1.5倍の巨大寝袋が売っていれば、そちらに乗り換えたいところです。

そもそも今使っている寝袋も普通の寝袋より1.2倍ほど大きいけど、

それでもまだ小さい。

体の小さい人なら、寝袋生活楽なんだろうけど、

182cm82kgの私ではしんどいわ~

 

アメリカで売っている寝袋とかがいいのだろうか?

 

 


にほんブログ村

 

 では、ありがとうございました。

2018/04/03記事作成