節約系ミニマリスト0.5

本多静六式改 収入があるたびにその1/2 を自分のために取っておく 🌊 節約からの投資のコンボ

お金よりやりがい重視の仕事選びをしたければ、生活費を下げよう!

スポンサーリンク

f:id:rupannzasann:20180407130112j:plain

どうも、節約系ミニマリストのルパン座3です。

今週グーグルアドセンスにようやく合格し、毎日ジュース代程度は

コンスタントに稼げるようになってきました。

 

www.rupannzasann.com

でも、1日1時間以上はてなブログに向き合っていて、ジュース代程度なわけです。

 

これを仕事で考えたら、無茶苦茶なことです。

上司から、

「ジュースおごるから、ただで1時間残業して?」とお願いされたら、

こいつ頭おかしいんか?と人格疑いますよね。

 

それなのに、今日はブログで120円かせだぞ!と1時間もかけているのに

喜んでいるわけです。

我ながら不思議な状況です。

副業でコンビバイトすれば、10分で120円稼げるわけですからね。

でも、仕事終わりにコンビニでバイトなんか絶対したくない。

 

昔は、やりがい < お金 だったけど、

今は、逆転している。

これは今は、それほどお金に困っていないから、言えることなのだと思う。

 

お金に困っていないというと、さぞかし貯金があるのだろうと思われますが、

もしもの時の余剰資金として20万円取ってあるだけで、

むしろいまだに奨学金の返済があるような状態です。

 

でも、節約系ミニマリスト生活を始めて、

家賃を2万円下げ、車、バイク、家電、家具をほとんど断捨離したおかげで、

月の生活費7~8万円で生活し、10万円程度を奨学金の返済や積立NISAに

回せるようになりました。

 

なので、最悪月収10万円あれば、奨学金の返済をしつつ年金払いつつ、

生活できるのです。

月収これくらいは欲しい!と選択肢を狭めるから転職先が見つからないわけで、

月収10万円でいいやとなれば、コンビニで月20日働けばいいだけです。

 

生活費がかかるから、今の生活費をまかなわないといけないから、

嫌な仕事を、泣く泣く続けなければならないというのはしんどくないですか?

 

やりがい重視の仕事をできるように、生活費を下げ、

副収入月2万円の小商いを1~5個程度持っているというのが安全でしょう。

月2万円の副収入の一つとして、ブログの収益が入ってくることができるように、

がんばってブログは更新していこうと思います。

 

 


にほんブログ村

 

 では、ありがとうございました。

2018/04/07記事作成