節約系ミニマリスト0.5

本多静六式改 収入があるたびにその1/2 を自分のために取っておく 🌊 節約からの投資のコンボ

1日2食生活は夕飯抜きに限る

スポンサーリンク


f:id:rupannzasann:20180921070534j:image

どうも、節約系ミニマリストのルパン座3です。

肉体労働をしているわけではない場合、

1日の食事は2食で十分と考えています 。

そして、その2食をどの2食にするかは、永遠のテーマです。

 

昔は朝食を抜いて、 昼食夕食の2食でした。

これは午前中に頭が回らなくなるという問題と、 この2食の仕方が一番太る&一番費用がかかるという問題があり、 節約系ミニマリストになってすぐに改めました。

 

半年前までは、 夕食を抜いて朝食 昼食の2食としていました。

そして最近では、 昼食を抜いて朝食夕食としていました。

しかし、先週から夕食を抜いての 朝食昼食の2食とすることに戻しました。

 

理由としては 、仕事の終了時間が遅いので、 夕食を食べるとなると 22時から23時の間の時間となり、 しかもその後すぐに寝るので、 胃の中に食べ物が入った状態で寝ることになり、 睡眠の質が下がるという点がありました。

 

その違和感が朝食の時にも続いており、

朝食を食べる気がなくなると言う問題点もあありました。

朝食も食べないとなると、昼食をバカ食いしてしまい 太ってしまうということも起きかねません。

 

また、 夕食を抜くことで 夜更かしをする頻度も下がります。

お腹がすいて、夜中まで起きていられなくなるからです。

そして、朝は空腹の中、自然と5時6時に目が覚めるという

自然な朝の迎え方ができます。

 

単純に夕食が一番カロリーを多く摂取しがちな食事なので、それを抜くことで 10日で1キロ程度のダイエット効果も得られます  


f:id:rupannzasann:20180921072621j:image

さらに外食をするとなると、夕食の時間の料金が一番高くなっているので、 割高な食事となってしまいます。

昼食であれば ランチバイキングなどもあるので 、美味しい食事を手軽に食べることができます。

ランチバイキングは前日のディナーの余り物の材料から作るので、料理の質が下がるとも言われますが、 こちとらブルジョワではないので 、それで十分です。

 

人並み以下の給料しかもらってないのに 、

料理だけ人並み以上のものを食べようとするというのは、 おこがましいことなのです。

身の丈に合っていない食事をすることは、貧乏への第一歩です。

 

以上の理由から 、以前の通り夕食抜きの 朝食昼食2食食べるという

生活に戻そうと思います 。

皆さんも自分のライフスタイルに合わせて、 2食生活始めてみてはいかがでしょうか。

1食生活をされている方もいると思いますが 、それだとやはり食事をする 楽しみが 減りすぎるので 、2食生活くらいが適量だと私は考えます。

 

2018年9月21日記事作成