節約系ミニマリスト0.5

本多静六式改 収入があるたびにその1/2 を自分のために取っておく 🌊 節約からの投資のコンボ

変わらない深田恭子と変わる時代

スポンサーリンク

どうも、回り道ばかりのろくでなし、節約系ミニマリストのルパン座3です。

 

いつか見ようと思いつつ 13年も経ってしまったドラマ 『富豪刑事』を Amazon プライムビデオで見付けて、1日1話ずつ見ています。

 

正直 DVD を借りてきたり買ってまで見るべきレベルのドラマではないので、 Amazon プライムビデオでなければ見ることは一生なかったと思います。

 

しょうもない ドラマも 見直すことができるのが Amazon プライムビデオのいいところです。

 

富豪刑事 DVD-BOX

富豪刑事 DVD-BOX

 

話の流れとしては、

あくどい事をして 日本有数の富豪となった 祖父のお金を使って、 深田恭子演じる富豪刑事が 費用が、数億円かかるようなむちゃくちゃな 作戦で 、犯罪者を罠にはめ捕まえていくと言う 痛快コメディドラマです。

 

原作が筒井康隆なので シナリオとしては面白いのですが、 深田恭子はもちろんとして、その他の刑事も含め全員の演技が臭くてちょっと見ててしんどい部分もあります。

寺島進 以外の演技が 過剰すぎて本当にしんどいです。


f:id:rupannzasann:20181113072129j:image

ただとにかく深田恭子が可愛いので、 それを眺めてるだけでも暇つぶしとしては最高です。

f:id:rupannzasann:20181113072141j:image

深田恭子は 一度も同じ服を着ないキャラなので、 深田恭子の色々な服装を見ることができるのです。

それにしても13年前も今も変わらず深田恭子は可愛いですね。

むしろ今の方がさらに可愛くなってると言う 恐ろしさがあります。

f:id:rupannzasann:20181113072209j:image

後はここ13年で ドラマに出てくる 俳優の顔ぶれがだいぶ変わってるなという気がします。

岡田真澄さん はこのドラマの直後にお亡くなりになられてます。

1話につき1人、2人亡くなられている方がいて、もうあまりテレビで見かけなくなってしまった俳優もいたりと時代の流れを感じます。

 

2005年なんてまだ最近の気がしていますが、 もう13年も前なんですよね。

時代は変わったけれども深田恭子は変わらない 。これが真理ですね。

 

2018年11月13日記事作成