節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。和牛繁殖農家を目指す。

夕飯をナッツと豆乳牛乳ヨーグルトのみとして8ヶ月経つけど、朝6時よりあとに目が覚めた日がない

スポンサーリンク

どうも、節約系ミニマリストのゆるいてんちょうです。

 

 

 

私は健康のために、今年の2月から夕食を少量のナッツと牛乳と豆乳を混ぜたヨーグルトラッシーだけにしました。流行りの16時間断食オートファジーダイエットのためです。

 

寝る前に固形物を大量に取らないため胃腸を休めることができる短い睡眠時間でも疲れが取れるようになりました。

 

何より8ヶ月やっていて朝6時より後に目が覚めた日が1日もありません。

もちろん寝る前にお酒を飲んでいないということもあるとは思いますが、目覚ましなしに毎朝4時から5時に目が覚めるの非常に便利です。

 

この8ヶ月間毎日朝7時に携帯のアラームはセットをしていますが、その音を聴くことなく起きているという日々です。

 

耐えがたい空腹で目が覚めるというわけではなく、ほんのりはらへったかなあという感じで目が覚める感じですね。

 

自然と朝早く起きれるというのはなかなか便利な仕組みだなと思います。

 

この期間夕食をとったのが2回だけあるのですが、胃もたれして気持ち悪くてなかなか寝れませんでした。

 

習慣の力は偉大なものでもはや夕飯をしっかり食べることはできない胃腸となりましたよ。

 

しかし開始してからこれまで体重が15 kg 減りましたし一度もリバウンドなく、停滞してるが減ってるかという感じで増えることなくじわーと減ってきました。

 

何の苦もなく朝起きれるというのは非常に便利なことなので、おそらく一生夕食はしっかり食べない生活をしていくんだろうなと思います。

 

ちなみにナッツやヨーグルトや豆乳牛乳は値段的には高いので、節約の点から言うと普通に夕食食べた方が安く上がりますw

 

かといって本当に何も食べないで寝ると2時間したら目が覚めちゃうんです。そうなると逆に健康に悪い感じがしますのでナッツとヨーグルトくらいは許していいんじゃないかなと思います。

 

2021年10月12日記事作成