節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。和牛繁殖農家を目指す。

生後数日で離乳させる超早期離乳を実家が始めていた

スポンサーリンク

どうも、節約系ミニマリストのゆるいてんちょうです。

 

生後数日で離乳してしまうと言う超早期離乳。存在は昔から知っていましたが、これをやるのは大手の牧場だけだろうとなんとなく考えていました。

 

しかし3年ぶりに帰省してみると、うちの親もそれを始めていて驚かされました。
f:id:rupannzasann:20220102211956j:image

早い段階で離乳させることで、親子が慣れないうちに縁を切ることができます。

そのため親子共に、離乳時の離れることによるストレスが軽減され、次の発情のタイミングも早くなります。

 

親子を3日で別れさせるということになるので、かなりひどいことやってるような感じもします。しかしその方が愛情が沸いてから別れさせるよりストレスが少ないのです。

 

何よりこの超早期離乳をさせた子牛は、人間が親代わりのようになるので、格段に人によくなつきます。

掃除をしていてもこちらにじゃれてくることが多いです。

 

後々、母牛としてそのまま残す場合かなり扱いやすい母牛となります。

そう考えるとなかなか悪くないのかなとも思います。

 

後は生育状況どれくらい普通の育て方と変わるのかにもよりますが、親父曰くむしろ大きく育つとのことです。

きちんちデータを取ってるわけではないので、話半分と考えてはいますが実際にどうなるのか楽しみではあります。

 

先日青森県の農業高校で、牛に頭をけられて意識不明の重体になってしまっている生徒のニュースを聞きました。

そんな事故が起きる可能性もグンと減らせるような気もしますね。

 

 

20220102記事作成

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村