節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。趣味で喫茶店も運営。玉砕演説

ブログ毎日更新辞めます!宣言で思うこと。

スポンサーリンク

どうも、ブログは毎日、千字ちょっとの文量で1~4記事書いている派の節約系ミニマリストのルパン座3です。

ブログの更新頻度が上がる本

ブログの更新頻度が上がる本

 

 ブロガーの宣言として、見ていて「あ・・・・」と思うものが、

「毎日更新辞めます」宣言ですな。

 

 

なぜ、「あ・・・」と思うかというと、毎日更新辞めます!宣言をした人の半分は、そのままいなくなってしまうからです。それが寂しいのです。

毎日更新をすることで、何とかつないでいたブログとのかかわりが断たれてしまうから、そのままブログをやめてしまうということもあるでしょう。

 

でも、何よりブログの更新ペースを下げることで、「これだけ期間が空いたわけだから、その分良い内容の記事にせねば」といういらぬプレッシャーをしょい込みがちなのです。

 

毎日更新をしていれば、内容が薄い記事を書いても、「毎日更新しているから、無いよう薄いときがあっても仕方があるまい」と自分を正当化できますが、下手に間が空いてしまうとその言い訳ができませんからね。

 

そもそも、期間を空けたところでブログのネタは増えないのです。

期間が原因ではないから。

自分の生活に原因があるから。

 

毎日更新ができないくらい特に何の変化のない生活をしているのであれば、数日経ったとしても、何の変化もない生活が数日たっただけなので、結局何もブログのネタになるような出来事は起きないのです。

0×3=0ですからね。

 

だから、書くことが無いから毎日更新はしないというのは、ブログ云々を置いておいて、単純に今の人生が楽しくないんだと思う。

 

www.rupannzasann.com

だから、ブログの毎日更新を辞めるのは別にいいんだけど、何かブログのネタになるような新しい取り組みを毎日の生活の中に取り入れるべきなのです。

 

 

何か変化を入れないと、何でもないような日々が続くだけです。

何でもないような日が毎日続けば、そりゃブログに書くこともないので、ブログを辞めることにもなるでしょうよ。

それ以前に、人生をやめたくなるでしょう。

 

ブログに書くことが無い・・・と悩むのではなく、

ブログに何も書くことが無いくらい、つまらない1日をおくってしまったということに悩むべきなのです。

 

結論としては、

ブログ毎日更新なんて別にしなくてもいいけど、ブログにあれも書きたい、これも書きたいと思えるような日々をおくらないとね!ということです。

そのためには、いつもと違う道を通って帰るでも良いし、いつも行かないお店に行くでも良いし、ちょっと人にやさしくしてみるでもいいしさ、何か変えていこうぜ。

 

でもって、それをブログに書いて記事としてあげておくれよ。

頼むぜ、更新楽しみにしてんだよ。

 

2019/02/26記事作成