節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。趣味で喫茶店も運営。玉砕演説

エデン界隈の化け物店長たちですら、3年もたずに引退していくのを見ると「しょぼい起業」も大変だな

スポンサーリンク

どうも、節約系ミニマリストのゆるいてんちょうです。

 

突然ですが、イベントバーエデンをご存じでしょうか?

 

事業内容:1日ごとに店長が替わるイベントバー
店のシステム:ノルマ・場所代なしで気軽に一日店長になれます。
基本:夜営業17:00~23:00(昼営業も相談可)
1万円を越えた分はバーテンダーとお店で折半→報酬をお渡ししております
(例えば、売り上げが3万円だったらバーテン側の取り分が1万円となります)

 

という感じで料理などではなく、企画と「人」そのもので集客するというバーになります。

 

しょぼい起業で生きていく

しょぼい起業で生きていく

 

 このシステムを作ったのが「えらいてんちょう」さんです。

その提唱する開業資金をできるだけ抑えて、起業する「しょぼい起業」の一つとして、このエデンシステムを作りました。

 

自分もこのバーエデンをやりたい!という人がいれば、アドバイザー費用をもらいながらサポートして開業させてくれたりもしますが、それには他のエデン店舗で何回も一日店長をやったりして、お金ではない信用を勝ち取れた人間だけです。

 

ということで、えらいてんちょうさんのお眼鏡にかなった、化け物のようなすごい人だけが開業していったとも言えます。常人ではない人たちです。

 

その中でも、著書も出し伝説的な人物として有名だった「えもてん」さんが、自身が運営する「しょぼい喫茶店」を閉店することになりました。

 

しょぼい喫茶店の本

しょぼい喫茶店の本

  • 作者:池田達也
  • 発売日: 2019/04/12
  • メディア: 単行本
 

 

普通の会社員としては働けないし、働きたくないということで上智大新卒という特急券を捨てて起業されたのですが、起業2年での閉店となります。

その2年で何度もテレビや雑誌でも取り上げられて、ご活躍されたのでしばらく働かなくても食べていけるので売り上げの問題では無いでしょう。

 

ただ、有名になりすぎたがゆえにいろいろめんどくさいこと、ストレスフルなこともふりかかってきたんだろうなと思います。

 

開業当初のしょぼい状態のまま、ぼちぼちの状態で商売できていたら閉店という決断をしないといけないくらい追い込まれることもなかったのかな~

 

また、エデン名古屋の初代店長さんのないしまさんや

エデン梅田の店長イカ子さんなど、名物店長たちが戦線離脱していっています。

 

イベントバーとして1日店長を雇うというシステムは、毎日のように新しい店長希望者と一緒に働かなければなりませんし、エデン界隈はネットのややこしい人たちから絶大な人気があるお店なので、ややこしめのお客さんもちょいちょい来るので、運営する側としては、普通のバーよりもストレスは多そうだ。

 

www.rupannzasann.com

 

ということで、仕事を辞めてしょぼい起業で飲食店をやるぞ!とかは簡単にやるべきではない。お金の問題もあるけど、本人の対人ストレス耐性にもよる。

 

対人ストレス耐性ありますけど?という人も多いだろうけど、普通の会社員だとあたまのおかしい顧客にぶつかるということは日常でそれほど多くは無い。

でも、起業して飲食店などだれでも来店できる業種をしていると、あたまおかしいやつでも普通に来店するからね。それをうまくあしらう能力が必要だ。しかもストレスなく。

www.rupannzasann.com

 そうなると、やはりしょぼい起業はしょぼい副業としてぼちぼちやっていくくらいがちょうどよいのではないかなと思う。

 

20200301記事作成

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

 

人気ブログランキングへ