節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。趣味で喫茶店も運営。玉砕演説

ジョジョの第3部花京院とダービー弟のF-MEGA対決の元になったゲームをやってみた。

スポンサーリンク

どうも、節約系ミニマリストのゆるいてんちょうです。

 

私の生きていくモチベーションの大部分を占めているものとして、

「答え合わせをしたい」という欲求があります。

 

どういうことかというと、なんとなくこんな感じかな?とふわっと理解しているものを、実際に見たり、体験したりすることで、そういうことだったんだと納得したいということです。

 

 

たとえば、アンコールワットはヒンドゥー教の石像寺院ということは教科書で読んでわかってはいますし、HPで映像を見て、なるほどこんなかんじでヒンドゥー教の世界創生である乳海攪拌の様子が壁画に描かれているんだね~

となんとなく理解していても、実際に見に行ってみないと、なぜ木造ではなく石で作ったのかなどをリアルに感じ取れません。

 

www.rupannzasann.com

www.rupannzasann.com

 実際に現地に行ってみると、植物の生い茂るスピードが早く、雨季もあるので、木造だとすぐにダメになってしまうだろうな~というのが良く分かります。

 

また、カンボジアの発展が遅れた理由も、ポルポト派による文明破壊があったこともあるけど、「こう暑いと日中働くになくなるわ~」とか、

マンゴーが庭に自然にアホほどなっているのを見ると、「働かなくても庭になっているマンゴーを食べれば、朝食代は0円でいけるから、働く気がなくなるな」

とか、別の視点で理解が深まります。

 

ということで、こんな感じでなにかの答え合わせをすることが大好きです。

 

さて、本題ですが、

先日スーファミミニを購入したところ、その中にF-ZEROというレーシングマシーンを見つけました。

たしか、何回か友達の家でやっとことがあるような気もしますが、全然内容は覚えていません。

ただ、このFーZEROはジョジョの奇妙な冒険第3部で花京院とダービー弟のレーシングゲーム対決で出てくるFーMEGAというゲームの元ネタなのです。
f:id:rupannzasann:20190814160320j:image

これですな。

面白そうなゲームがあるもんだな~と思いながら読んでいました。

なつかしい。

 


f:id:rupannzasann:20190814160335j:image

さて、そのF-ZEROをやってみましたら~

うわ~しょぼいいい。

 

マシーンは4つからしか選べないし、必殺技とかないし。

とにかく派手さがない。

大事なことはラインどりのみ。

いかに効率よくブレーキを踏まずに、壁に当たらずに進むかということだけを気を付けるゲームだね。

 

そういうと簡単な気がするけど、コンピューターに勝つことが難しい。

1、2度ミスしただけでもう勝てないこと確定する。

 

コンピューターはミスしないから1周目でミスしたら、あとはもう追いつくことは無い。

この難易度の高さからファンもいたのかもしれないな。

とりあえず、答え合わせができてよかった。

 

でもな~F-MEGAにくらべると地味すぎるな。

wiiとか3DSでもダウンロードでやれるみたいなので、誰かにダウンロードさせて借りてやると良い。

自分のお金でダウンロードするのはもったいないかな。

 

もしくは、うちの店が開業したら、うちの店に来たら無料でできます~

 

2019/08/16記事作成