節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。趣味で喫茶店も運営。玉砕演説

ゴーンさんがルノーに退職金3千万円を請求していた件について、なるほどそれくらいがめつくないと大金持ちにはなれないのだな~と

スポンサーリンク

どうも、年収300万円台でうろうろしている、35歳、万年厄年の節約系ミニマリストのゆるいてんちょうです。

 

f:id:rupannzasann:20200104154625p:plain

ゴーンさんは日産騒動に伴って、ルノーの会長職も解任されたのですが、ルノーに対して退職金3千万円を要求していたとのことです。

 

ゴーンさんはルノーから年10億、日産から年10億の報酬をもらっているわけです。それなのに、解任されたくせに、がめつく3千万円の退職金を請求していたのですよ。

すごいですよね!

さすがにフランスでも「卑しい」という最大級の賞賛を得ています。

 

所得税もあるので、年20億の報酬をもらっても手元に残るのは10億円くらいでしょうけど、年10億ももらっているのに、しかも解任されたのに3千万円の退職金請求。

大金持ちなのにがめついという評価は仕方がないでしょう。

 

ちなみに1年の手取り10億に対しての3千万円は3%になります。

私の一年間の手取りは2百万円なので、私にとっての3%は6万円です。

 

私が急に会社に解雇されたとしたら、6万円くらいの手当分はせめて上乗せしてや!とは思うな。そう考えると3千万円でも妥当な線なのか・・・

 

ん~でも、さすがにこの状況で3千万円をルノーに請求するのは、いささかかっこ悪いぞ?それなのに請求する。それくらいのがめつさがないと、総資産数十億、数百億という巨万の富は得られないということだろう。

 

お金をためるということは大変だなと思うと同時に、そこまでしてお金貯めてどうすんだろwとも思う。だって1億円分の株とか買えば、配当で年300万円くらいはほぼノーリスクで入ってくるんだよ?1億あればじゅうぶんやんか。

そこまでしてベルサイユ宮殿で結婚式とかあげたいかね?

 

でも、それくらい欲にまみれ、がめつい人間でないと天下は取れんのか。厳しい世の中だ。

 

20200115記事作成

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

 

人気ブログランキングへ