節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。趣味で喫茶店も運営。玉砕演説

沖縄の不動産屋が仕事しなさ過ぎて辛い

スポンサーリンク

お問い合わせ増によりw 現在、お片付けサポート・講座依頼・雑誌取材等、弟子入り希望、差し入れ、一切受け付けておりません。個人的なご連絡等、ご遠慮&ご配慮のほど、よろしくお願いします☆

 

どうも、節約系ミニマリストのゆるいてんちょうです。

 

よく海外移住した人が、「水道の修理を依頼したのに1か月たっても工事に来ない」とか「すぐに電話おり返します」といったっきり電話してこないとかそういう話を聞きますが、沖縄でも一部業者についてはそういうことがおきます。

 

 

今住んでいる不動産屋に「退去時にエアコンそのままおいていっていいですか?とりはずしまでしないといけませんか?」と電話したところ、「家主と相談しており返します」との連絡の後1週間音沙汰がない。これは退去する客なんかの質問要望なんかどうでもよいという姿勢として理解できます。利益を産まない客は冷遇したくなる気持ちはわかる。

 

問題は新しい住居の不動産屋です。

入居審査を申し込んでときに、「明日には審査結果ご連絡します」と言われて全然電話来ないので5日後に電話したら審査通っていました。

また、「12日の契約時に費用いくらもっていけばいいのか」ということを次の日電話で聞くと、「計算しており返します」との返答だったが、また1週間たった。そもそも審査結果連絡の時に費用は教えてくれるはずだった。

仕方がないので明日確認の電話を入れる予定。おそらくまだ計算していないのだろうけど。

 

これから客になりそうな人に素早い対応をしておかないと、単純に入居の話が流れていったりすると思うんだけど、どうなんでしょうね。儲ける気が無さ過ぎるな~

固定給で頑張っても頑張らなくても給料変わらないからなのかな?

でもあとあとクレームになったりするほうが絶対面倒だよね。

どういうつもりなんだろう。

 

この調子だとほかの契約状況もあとあと問題でないか不安だな~

こういっては何だけど、ベトナムでアパート借りるとかだったら全然これくらいはそんなもんかな~で流すけど、いちおう日本だぞ?

 

私はまだ客だからいいけど、大家からしたら首絞めたいだろう。

せっかく部屋が埋まって来月からお金が入ってくる目前なのに、不動産屋の怠慢で話が流れそうになっているわけだからね。

そういう意味で沖縄で不動産投資は結構大変なのかもしれないな。

 

20201004記事作成

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村