節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。趣味で喫茶店も運営。玉砕演説

台湾土産で死ぬほど辛いまぜそば「辣椒先生シリーズ」を買ったらやっぱり死にかけたけど、お土産には良さそう

スポンサーリンク

今回は、台湾でお土産として買ったものすごく辛いまぜそばの話です。

 

どうも、節約系ミニマリストのゆるいてんちょうです。

先日台湾の台南へ旅行に行っていました。その際に高雄国際空港を利用したのですが、空港でこんなまぜそばを見つけました。
f:id:rupannzasann:20191031160100j:image

 

www.jinbo-selection.com.tw


蕭敬騰化身【金博家辣椒先生】2019秋冬引爆享辣食尚風潮--經典剝皮辣椒/老蕭拌麵

↑台湾でのCM

 

金博家の辣椒先生という辛いまぜそばのシリーズです。

パッケージが赤いのと黄色いのと緑色のがあり、赤と黄色を買って帰りました。

なんとも気になるパッケージです。

辣(ラー油のラー)椒(こしょうのしょう)なので、今思えばめちゃくちゃ辛いことは予想できました。

 

パッケージが面白いので、お土産としては受けが良さそうです。

袋に4個入っていたので、それを4人に配ることができます。

小分けにしてもちゃちくないので、ばらまきに使えます。

4個入りで400円くらい。
f:id:rupannzasann:20191031160111j:image

中身は、乾燥めんとさやえんどうみたいな豆の漬物みたいなやつ、刺激の強い酢、謎の激辛ソースからなります。


f:id:rupannzasann:20191031160122j:image

麺を茹でた後に、調味料を全部入れてみて、何の警戒もなくすすってみると、あまりの辛さに噴出しました。体がのどに通すことを全力で拒否する感じ!

 

これまでに食べたものの中で一番辛い。意味わからないくらいに辛い。

次の日になってもまだ唇が腫れていたくらいです。

 

台湾のびっくりお土産として使うのは良いけれど、必ず「予想の倍辛いから、ソースなどは辛さを見ながら追加していって」と一言添えて渡しましょう。

 

野菜も一緒に茹でて、量をかさ増ししてからソースをかけても良いかもしれない。

 

2019/11/06記事作成