節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。和牛繁殖農家を目指す。

今年こそ1日2食で16時間食事をとらない時間を毎日作ることを習慣化する

スポンサーリンク

どうも、節約系ミニマリストのゆるいてんちょうです。

 

やったほうが健康に良いし、節約にもなるとブログを始めた当初からわかっていて、一時その生活をして節約&減量に成功したけど、いつのまにかやらなくなってしまった習慣に、「1日2食で16時間食事をとらない時間を毎日作る」という習慣があります。

 

いろいろな本で昔から言われていますが、最近の流行りの本でいうとこれです。

「空腹」こそ最強のクスリ

「空腹」こそ最強のクスリ

  • 作者:青木 厚
  • 発売日: 2019/01/26
  • メディア: Kindle版
 

やりかたとしては、

①1日のうち16時間何も食べない時間を作る。睡眠時間をその中に組み込んでも良い。

②食事をしても良い8時間の間に2食を取る

③何も食べない16時間の間におなかがすいたら素焼きのナッツを食べるのはOK

 

たとえば、朝6時に朝食、昼14時に昼食を取り、夕食は取らないで寝てまた次の日の朝6時に朝食を取れば、14時~6時で16時間の食事をとらない時間成立です。

 

そもそもなんで16時間不食の時間を作るかというと、 

空腹が16時間続くと“オートファジー”が働きます。人体の古くなった細胞を、内側から新しく生まれ変わらせる仕組みです。自食作用とも呼ばれており、壊れた細胞をお掃除してくれるんです。

さらに、その不要なものを材料に新たなタンパク質を作って、細胞がどんどん生まれ変わっていくので肌つやもよくなりますし、体内からアンチエイジングの効果が得られます。

 

だって。

dot.asahi.com

 

そもそも3食取るとずっと消化器官に食べ物が残っている状態になり、消化器官を休めることができないので、内臓を痛めることにもなるそうだ。

 

健康になって時短にもなり、節約にもなる。これはやるしかないよね!

いや~でもね、食べちゃうんですよね・・・

とりあえずナッツは買ってきたので、おなかがすいたらそれをポリポリかじって空腹をごまかしつつなんとか続けてみます。

 

あと1158日で私は今の会社を退職し、実家の和牛繁殖農家を継ぐので、体重を落とし、筋力をつけておく必要があります。そういう意味でもこの習慣で体重を70kgまでまず減らして、そこからはは3食に戻してたんぱく質をしっかりとって筋肉で90kgまで増やしていきたい。今年は体重減に集中だ。

 

20210128記事作成

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村