節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。趣味で喫茶店も運営。玉砕演説

まだ開業前だけど、泥酔したおじさんが来店し、からまれてそのまま3時間床で寝ていたw話

スポンサーリンク

どうも、節約系ミニマリストのゆるいてんちょうです。

 

10月に副業でのカレー屋開業に向けて、元スナック店舗を住居兼店舗として借りて、そこに住み始めています。

ブログでその宣言をして、少しずつ開業に向けて進めていますが、場所などを明記していないこともあり、誰かが訪ねてくるということはありませんでした。

 

しかし、8/11の午後13時半に来客がありました。

エアコンがない状態なため、ドアと窓を開けてふんどし一丁で寝ながらタブレットをいじっていたところに、

「ここなんなんすか?住んでんすか?」

と言いながら、初対面の40代くらいの泥酔しているおじさんが入ってきました。

 

 

ドアの鍵をいつもは閉めているのですが、今日この時だけ開けっ放しでいたのが不幸でした。

こちらのかっこうがかっこうだったので、遠慮してすぐに出ていくかと思ったら、全然出て行ってくれなので、仕方なく起きだして服を着て、お互い名字だけ自己紹介して、掃除をしながら話をしました。

 

あんまり、でかい人でもないから、もしなんかあってぶん殴られても抑え込めそうな気もしたし。ぶん殴られたらぶん殴られたでブログの記事になるしな。

それより、ぶん殴ってしまわないかちょっと心配。

 

泥酔していて半分何を言っているかわからなかったのですが、道向かいのスナックで朝から飲んでいて、その帰りだそうでした。

「ネットであっていても実際に会ってみると~」

みたいなことを言っていたので、ツイッターのフォロワーかブログを定期的に見に来てくれている人なのか?とも思い、ハンドルネームを聞いてみましたが、特にそういうのはないそうで。

 

とすると、何者なんだろう?という怖さがあります。

何を言っても、「おまえやばいな」とずっと連呼してくるし。

初対面の人間に対して、

「性欲とかあんの?」

「Gスポットがうんぬんかんぬん~」という大学生以降、友達ではない大人と話をしていて、こんなに下ネタバリバリの話をしてくる人間初めて見た。

おまえのほうがやばいっちゅうのwうけるw

 

隣のスナックで飲んでいた、歩いてスナックに行ったということを言っていたので、間違いなく近所の人ですので、あまり邪険にもできません。

今後常連になるかもしれないし、最悪、本業で何かどこかでつながりがあるかもしれないしね。

 

 

でも、

「ブロガーの集まれる場所を作るんだろ?」みたいな、ブログを読んでいる人間にしかわからないようなことも挟んでくるし、なんなんだろう?

こちら側は住んでいる場所もバレているけど、相手の情報がよく分からないというのは嫌なもんですね。

 

5分くらい話をした後で、

「女にもてるために、俺はジャズを聴いている。聞かしてやろう。」とのことで、アイフォンでなんかジャズを鳴らし始めたあたりで、

床に寝転がっていびきをかいて寝始めましたw

いや~やばいね。


f:id:rupannzasann:20190811145248j:image

めんどくさいから、ほっておいて掃除や整理整頓、壁紙の張替えなどを進めていきました。

寝ている頭の上に洗濯機があるのですが、その洗濯機を2回回して洗濯脱水などをやってけれど、それでも起きやしない。


f:id:rupannzasann:20190811145309j:image

いちおう、スナックでもらったという見たことのないお菓子を差し入れで2ついただきました。

 

とりあえず、14時前から17時までそのまま寝かしておいたのだけれども、一向に起きる気配がないので、無理やり体を起こさせて目を覚まさせました。

ある程度正気に戻っていたようでしたが、いまいちここがどこで、私が誰なのかわからない感じでうつろな目をしておりました。また寝ようとするし。

 

「大丈夫ですか?歩いて帰れますか?家は近所ですか?」と聞くと、

「上の階」

と答えるではないですか!ええええええええええええええええええ~

 

 

そう、うちの店は2階にありますが、3階にペントハウスがあり、一家族が住んでいるのです。

奥さんとおじいさんだけあったことがあって、あいさつもしましたが、その旦那?さんだったんですね~

 

なるほど、だとすると、不動産屋に私がどういう人間か聞いているかもしれないし、3階に帰るついでに2階によったと考えれば、動線が自然だわw

 

上の階への階段をのぼらせたあと、5分経っても降りてこなかったんで、やっぱり上の階の人で間違いなさそうだ。

 

いや~まさか上の階の人とは思わなかった。

泥酔しているし、とにかくノリがおもしろくない大学生みたいなしんどい人だったので、邪険に扱いそうになったけど、そうしなくてよかったw

 

それにしても上品そうなあの奥さんの旦那さんが、あんなに程度の低い下ネタを話す人だったというのが意外だったな。

あの奥さんのGスポット・・・う~ん。

あと、あの旦那さんは隙あれば浮気をバンバンすると思うけど、幸いそんなにモテなさそうだ。

 

実店舗を持つということは、こんな感じで実際に問題が起こるということです。

ネット上で多少炎上しても、本名顔出しでもしていないのであれば、実生活に影響はない。でも、実生活では実際に災難が具体的に起こるわけですな。

 

いや~店を始めようと動いていてよかったわ。

なかなか私の周りには、あんなタイプの人間はいないから、勉強になったわ。

不幸やハプニングはブログのネタになりますからね~

ありがたい、ありがたい。

 

でも、今後はきちんとドアに鍵をかけようと思う。

 

2019/08/11記事作成