節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。趣味で喫茶店も運営。玉砕演説

頭おかしい人からは逃げるのみのミニマリズム

スポンサーリンク

どうも、節約系ミニマリストのゆるいてんちょうです。

 

あおり運転からの暴行による逮捕をされた宮崎容疑者の話を聞いていても思いましたし、

 

www.rupannzasann.com

 先日あった、まだ開業前のうちの店舗兼住居に泥酔状体で来て、散々下ネタ含む失礼なことを言ってきた挙句に、床で寝て3時間起きなかったおじさん来襲事件も経験して、改めて胸に刻んだ基本姿勢があります。

f:id:rupannzasann:20181007181731j:image

それは、頭のおかしい人からは全力で逃げる

ということです。

 

 

こちらのプライドとか、その場の怒りとかは置いておいて、

「あれ?こいつやばいな。」と感じたら、こちらがわるくなくても、

「すいません、すいません」と謝ってその場から立ち去ってもらうか、こちらから立ち去るべきです。

 

しつこいようなら躊躇せずに警察を呼んで解決してもらいましょう。

本当にやばいやつというのは、自分がやばいやつだという自覚もないので、ぐいぐい強気で押してきますので、常識で対応してはやられます。

 

問題はこういうやばい人が、無職でふらふらしているならある意味大丈夫なのですが、

そのぐいぐいの押しの強さから営業成績が良くて、出世していたり、金持ちだったりすることも多々あることです。

 

それが、自分の上司がそのような人にあたることもあります。

そのような人がパワハラ、セクハラをしかけてくるわけです。

そして、自分がやばいと分かっていないからそれをやめないし、むしろその攻撃性でもって出世してきているので、正しいことだと思っているわけで。

 

そういうケースは、「すみません、すみません」言いながら、ダッシュで転職活動をすべきなんでしょうね。

 

私も昔の直属の上司がそういう人間だったのですが、パワハラによる洗脳が進んでいて、それを悪いことだとは思わず、むしろ尊敬していたくらいでした。

でも、あとあといろいろな面でその攻撃性が部下や上司、顧客からの反感を受けて大勢が悪くなり、みるみる営業成績が悪くなり、私に営業成績で負けるほどに、なり下がりました。

その後、こっそり顧客を引き連れて独立しようとしているのがバレて、自主退職をしていきました。

 

そして、同業種で独立し、まあまあの成功をおさめ2店舗目も出したのですが、パワハラから2店舗目の店長が退職し、2店舗をバイトと自分のみでなんとか回しているそうです。

 

パワハラタイプの人間は最初はうまくいくけど、部下が力をつけてきた時に追い抜かれて力を落とすということもあるのでしょうね。

 

その当時はパワハラと気が付かずに、自分が悪いと思って死ぬほど働きましたが、それで特に給料が上がるわけでもなかった~というか、その上司が私のことを「めちゃくちゃ使えない、クビにしたいけど、俺が使ってやっている」みたいに上に報告していたみたい。

 

あの当時に戻れるなら、すぐに転職していたかな。

でもって、転職ついでに会社と上司を訴えたね。

 

 

話を戻しまして、とにかく頭がおかしい人からは逃げの一手に限る。

下手に何とかしようと対応しても、何ともならない。

相手の思考がおかしいのだから。

客でそういうのが来たら、すぐに返金などをして追い返すとか、その場では損したとしても可能な限り早く追い出したほうが良い。

 

そういう人間は、それを得したと考えたり、「俺があの店を改善させた」と前向きにとらえて、次の店でも同じようなことをするのでしょうけど。それは知らん。

どこかでもっとやばい人とぶつかって、コテンパンにやられてもらうしかないな。

やばいやつに勝てるのはもっとやばいやつだけだ。

 

隣人がやばいやつなら、すぐに引っ越しをするのが一番。

節約系ミニマリストの私でも、そこに関してはお金を惜しまないつもりだ。

幸い、今のところそういう人がいないから大丈夫そう。

いや、先日、泥酔で乱入してきた人は3階に住む人だけど、あれはあの時だけだと信じたい。

日ごろからあそこまでひどい人ではないだろう。

 

ていうか、その泥酔のおじさんと話をしていて分かったのですけど、

周りのスナックの人などは私のことを変な人間だと思っているそうだ。

考えたら、うちの店舗兼住居にシャワーが設置されていて、住居としても貸し出していることを周りの人は知らないわけです。

 

だから、「あんな風呂も入れない元店舗に住んで何がしたいんだ?」と気味悪がっているみたい。

ということで、早く開業しないとな。

 

2019/08/23記事作成