節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。趣味で喫茶店も運営。玉砕演説

台湾食い倒れ旅の弊害で、大きなニキビが2個できてへこむ

スポンサーリンク

今回は、食い倒れ旅は楽しいけど、やっぱり油分は体に悪影響を及ぼしたというお話です。

 

f:id:rupannzasann:20191026153259j:plain

どうも、節約系ミニマリストのゆるいてんちょうです。

 

先日、3泊4日で台湾食い倒れ旅に行ってきました。

歩く→食べる→歩くというのを繰り返して、ひたすら食べつつ、歩くことでカロリーを消費してさらに食べたくなるという作戦です。

作戦通りに1日6食食べる&毎日15~20km歩くという生活をしました。

 

体重の重い私がそれだけ歩くと、ほぼ食べた分のカロリーはすべて消費することができ、むしろ体重が減ったくらいでした。

しかし、小籠包に水餃子など肉料理をバンバン食べたので、やはり体に大量の油分を取り込んでしまいました。

 

そのため、旅行から帰ってくると大きなニキビが2個ほっぺたにできてしまいました・・・

35歳なのに久しぶりにニキビできたわw

 

 

仕方ないので、ずっとマスクをして隠しながら生活をしました。

そして、脂分のない蒸し野菜中心の生活をして、なんとかニキビの乱を鎮めようとしています。ただ、まだ鎮まってくれません。荒ぶる神になっておられます。

まあ、明日には治るやろ。

 

ちなみにニキビが出やすい食生活を調べてみると、

油分・糖分の多い食べ物
皮脂の分泌が増えてしまうため、吹き出物の発症・悪化を引き起こす。
香辛料が強い食べ物
汗の分泌を促すと同時に、吹き出物の大敵・皮脂の過剰分泌を引き起こすことがあるため。
食事リズムの乱れ
吹き出物は食べ物だけでなく、極端なダイエットなど栄養バランスの偏りや、夜間遅い時間帯の食事など食事リズムの乱れが原因となることも

 

ん~甘いタピオカミルクティーを飲みながら、辛い料理を食べたり、23時に夜市でフライドチキンたべたりしたわwそりゃニキビも出る。

 

とりあえず歩きまくれば、食べまくっても体重は増えないけど、肌へのダメージまでは避けられないということが、改めて実体験として分かりました。

やはり、暴飲暴食はだめですな。

 

2019/10/26記事作成