節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。趣味で喫茶店も運営。玉砕演説

日曜の午前11時から泥酔して店先で寝ちゃうなんて最高の老後だな

スポンサーリンク

どうも、節約系ミニマリストのゆるいてんちょうです。

 

さて、次の写真をご覧下さい。

一体何が起きている所でしょうか?
f:id:rupannzasann:20190811120357j:image

パッと見だと殺害現場みたいですねw

もちろんそういうことはなくて、うちの店の道路向かいにあるスナックの入口で、

泥酔したおじいさんのお客さんが寝てしまっている状況です。

 

 

一緒に飲んでいたとは思われるお客さんが起こそうと頑張っていますがなかなか起きてくれないようです

「なんでそんなにお酒弱いのにたくさん飲んだわけ?」とイライラしながら介抱しています。

 

時間は日曜日とは言え、午前中11時!

午後23時ではないですよ?

まだ午前中です。

 

うちのお店の道路向かいのスナック2軒と、うちのお店のあるビルの1階の店舗1軒が朝から開いているスナックなのです。

ということで朝の8時くらいから飲んでいたのでしょうね。

 

これほど優雅な老後の年金生活はなかなかないのてはないでしょうか!

このような人のために、どれだけ貰えるか分からない年金を毎月支払っているかと思うと、優しい世界だな~と思います。

 

日曜の昼前から、ベロベロになって寝ていても、特に車に轢かれたり、財布ぬすまれたりもせず、幸せに夢の中に入れる訳ですから。

冬に沖縄以外でやったら死にますからね。

 

幸い、うちの飲み屋街はこんな感じに酔って転がっている人が、朝も昼も夜もいますので、子供の教育上大変よろしいと思います。

「あんな大人になったらあかんから、勉強するんやで。」と実例を目の前で見せながら話せますから。

 

でも、実際うらやましいですよね。

白髪だらけのいい大人が昼前から意識飛ぶほど飲無ことないですからね。やろうとしても途中で誰かに止められるしね。

そんな破天荒な老後も楽しいだろうな。

まあ、やらんけど。

 

2019年8月11日記事作成