節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。趣味で喫茶店も運営。玉砕演説

バイキングや食べ放題でたくさん食べたければ、事前に食事を抜いてはいけない

スポンサーリンク

どうも、節約系ミニマリストのゆるいてんちょうです。

最近はまっている漫画は『喰いしん坊』です。

大食いがテーマという珍しい漫画です。

 

 

まだ全然読み進めていませんが、ざっくりいうと、悪の大食い集団に立ち向かう正義の大食い集団のお話です。

大食いで悪とは?となるでしょう。

 

この漫画における悪の大食いとは、勝つためだったらどんな汚い手も使うし、食べるときの美しさを考えない集団です。

例えば、ラーメン大食い対決で、ラーメンを冷やして食べやすくするために、氷水をラーメンに入れるという暴挙に出たりします。


f:id:rupannzasann:20190611015821j:image

 

そんな悪い大食いたちを、主人公たちが正々堂々と倒していくというお話です。

いや~日本は平和だな!という感じのする、なかなか学びの少ないけど面白い漫画です。単行本で買おう!とは全然思わないけど、ラーメン屋とかに置いていたら、思わず読んじゃうタイプの漫画かな。

 


f:id:rupannzasann:20190610110314j:image

この漫画の冒頭部分で、大食いに挑戦するときの基本中の基本を教えてくれています。

それは、「食事を抜いてこない」

ということです。

これは目からうろこでした~普通、逆じゃない?と思いますよね。

でも違うのです。

 

食事を抜くと、胃が小さくなります。

そして、小さくなった胃を大きくするのはしばらく時間がかかります。

胃が小さくなると詰め込もうとしても詰め込められません。

 

だから、昼にバイキングに行く!というような状況の時は、軽く朝食をとってから向かったほうが良いです。

ただ、胃を大きくはするけど胃の中に残っていない状態がベストなので、水を多めに飲んで、固形物少なめで胃を広げておくことが良いでしょう。

 

私は海外旅行に行くときなどは、前日夜から食事を抜いておいて、現地でたくさん食べられるようにと思っていましたが、逆効果だったのです!

 

そういえば、前日の夜、当日の朝昼と食事を抜いておいて、現地で思いっきり夕食を食べるぞ~と思っていたのに、その道中で買ったタピオカミルクティーを飲むだけで、かなり満腹になった記憶もあります。

そういうことだったのですね~


f:id:rupannzasann:20190611015841j:image

しかも、空腹に甘いものを大量に入れると、食欲が無くなるようです。

とすると、最悪の組み合わせをしておりましたw

f:id:rupannzasann:20190610110322j:image

あとは、食事中も飲み物を飲みながら食事すると、胃の中で水分を吸い膨張するので、最低限の水で流すことが大事です。

そして、一定の量を定期的にリズムよく食べ続けることで、満腹感も感じにくくなるみたいです。

 

逆に普段の食事で食べ過ぎたくなければ逆のことをすればよいのです。

水をたくさん飲み、不定期のリズムで食べればよいのですね。

 

いや~大食いの漫画だけど意外と勉強になったな~

 

2019/06/10記事作成