節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。ルパン座3 玉砕演説

パンツを減らしたいから、寝るときはタオルを股間に巻いて寝てみたけどさ。

スポンサーリンク


f:id:rupannzasann:20190310073525j:image

どうも、普通のパンツは全て断捨離し、男だけど、Tバッグ五枚でパンツ運用をしている、節約系ミニマリストのルパン座3です。

 

Tバックを履いていて、日常で困るということはほとんどないのですが、問題は寝ている時に多少締め付け感が気になるという点です。

多少ね。

 

 

別に我慢できるレベルではありますが、昼も夜も履いていると、ゴム自体の寿命も短くなりますんで、何かパンツの代わりになるようなものはないだろうかと考えました。

 

そこで思い当たったのが、

いつもバスタオルや普通のタオル、雑巾、お風呂で体を洗う時などに活用している、ガーゼタオルを股間に縦に当てて、その上からパジャマのズボン履いて、それで前と後ろを抑えればふんどしみたいな形になるので、パンツは必要ないのではないだろうかと考えたのです。

 

実際問題としてやってみると、予想以上にきちんと固定もされ、問題なく履けそうでした。事実、朝起きた段階でもきちんと外れずに残っていました。

 

問題はこれはこれで履き心地が少し悪いという点でしょうか。

ただそれもそのうち慣れるのではないだろうかと思います。

 

 

ただ改めてよく考えてみると、ガーゼタオルよりTバッグの方が面積が少なく、洗濯の時の体積が減るのでTバッグを使った方がいいなぁと思い直しました。

 

今回はうまくいきませんでしたが、このように日常のあらゆるものを他のものでも代用できないか試してみるというのは、節約系ミニマリストならではの生活の知恵であり、趣味かなと思います。

 

一応この寝る時にパンツの代わりにガーゼタオルを巻くというのをやっていくと、

仕事から帰ってきて、すぐパンツを洗って干して、そっからすぐ風呂に入ってパジャマに着替えて、ガーゼタオルをパンツとして寝る。

 

そして朝起きたら、前日干して乾いてあるパンツを履いて通勤するということをしていけば、パンツ一枚だけで生活ができるということができるはできるんですね。

 

ホームレスにでもなるような事態になった時は、そのようなことも考えたらいいかなぁと思います。

 

2019年3月10日記事作成