節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。趣味で喫茶店も運営。玉砕演説

ようやく店舗の壊れてるところを直してもらったよ

スポンサーリンク

どうも、店舗兼住居として元スナック店舗を借りて、ブロガーの集まれる喫茶店をゆるく運営しようとしている、節約系ミニマリスト「ゆるいてんちょ玉城デニ子」です。


f:id:rupannzasann:20190426085946j:image

不動産屋に騙されかけて色々なところが壊れている、元スナック店舗に入居しました。

不動産屋の方との交渉の結果、壊れてるトイレのドア、シンクの下のパイプの故障に関しては直してもらえることになりました。当たり前のことですけとね。

 

今週の頭の方に修理にこれるという話でしたが、実際に修理に来たのは、本日金曜日でした。

週の頭と言いつつ、週の終わりに来たことを怒ってはいけません。

 

沖縄で工事などを頼めば、このようになることは目に見えてみるのです。

今週の内で修理に来たことをむしろ感謝しなければなりません。

今週を逃せばゴールデンウィークのために、再来週になっていたわけですから。

 

業者としても別に騙そうとして、早めの日程を言ってる訳ではありません。

最初は本当に週の頭に行こうとはしていたのだけども、段取りの悪さから他の仕事とカチ合ったりして、なんやらかんやらあって週の末になってしまったのでしょう。

悪気はないのです。

 

ただ、致命的に段取りが悪いのですw

なので、沖縄で工事などを頼む時には、1週間余分に日程を考えといた方がいいですね。

f:id:rupannzasann:20190426084414j:image

何はともあれ、このように適当にガムテープで止められていたシンク下のパイプが、

 


f:id:rupannzasann:20190426084335j:image

このよりきちんとしたパイプになりました。これで水漏れはなくなります。

水漏れしないのが当たり前ではあるのですが、水漏れしないだけでも嬉しいですね。


f:id:rupannzasann:20190426085220j:image

一番ありえなかったトイレのドアの修理も完了しました。

 

改めて見て、ほんとこれすごいですよね、鍵がかからないんですよ。

その状態で貸し出して、2週間分の前家賃を取ろうとする、その根性がすごいです。

そして、私はその家賃払いましたからね。

 

まだトイレが外から丸見えで、料理を作ろうとシンク使ったら水が漏れて、とても住むこともできない場所に2週間分の家賃を払ったのです。

さすがにちょっとムカつきはしますがな、沖縄ですからこんなもんです。

 

この入居時のゴタゴタをしっかり不動産屋には覚えてもらい、退去時に敷金は全額回収したいと思います。

 

そもそも店舗としては、とてもじゃないけど使える状態じゃなかった内装を、使える状態に私が直しているわけですから、敷金を回収するどころか追加で払ってもらいたいくらいです。

まぁ良いブログのネタになったのでいいですけど。

 

とりあえずゴールデンウィーク中での開業は無理になりましたが,店自体は、4月28日と29日は12時から20時の時間で開けているので、お暇な方は遊びに来てくださいー

試作品を作っていたりしますので、それを無料で試食していただいたりすると思います。

ゆるくおもてなし致します。

 沖縄県浦添市屋富祖2丁目16番地かふうビル2階の階段あがってすぐのところです。

ツ―エーという名前の看板が出ています。

(前のスナックの看板をそのままにしています)

2019年4月26日記事作成