節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。趣味で喫茶店も運営。玉砕演説

トイレットペーパー芯無しに限る

スポンサーリンク

今回はトイレットペーパーの選び方は芯無しに限るというお話です

 

どうも節約系ミニマリストのゆるいてんちょうです。私がトイレットペーパーを選ぶときは芯無しのものを選ぶようにしています。
f:id:rupannzasann:20191118171940j:image
こんな感じのやつですね。

 

エルヴェール トイレットペーパー 200m×6ロール シングル 芯なし
 

 

これならばトイレットペーパーが切れた時に芯を取り替える必要がなく、最後の1枚まで全部使い切れば、そのまま芯がなくなり次のトイレットペーパーをはめるだけになります。

地味にトイレットペーパーの芯を取って捨てるのって面倒くさいですからね~

捨てるとなるとゴミもなりますし、ごみを減らして1ヶ月に一回しかゴミを捨てたくない私としては、この芯でさえも気になって仕方がありません。

 

www.rupannzasann.com

 あと、そもそも芯なしのトイレットペーパーの方が値段がお得なこともあるのですよ。正確に言うと値段だけ見たら高いんですけども、芯がないぶん巻かれてる長さが長いので、トータルで考えたら芯なしの方が長く使えてお得なんですよね。

 

特に私は普通のティッシュペーパーは使わずに、部屋の中でもトイレットペーパーのみで鼻水などはかみますので、長く使える芯なしの方が使い勝手がいいんです。

 

値段もお得だとしたら、芯なしではないトイレットペーパーを使う理由が、全くないと思うんですけどね。

 

2019年11月18日記事作成