節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。趣味で喫茶店も運営。玉砕演説

何を普通と考えるかで人生は決まる

スポンサーリンク

お問い合わせ増によりw 現在、お片付けサポート・講座依頼・雑誌取材等、弟子入り希望、差し入れ、一切受け付けておりません。個人的なご連絡等、ご遠慮&ご配慮のほど、よろしくお願いします☆

 

どうも、節約系ミニマリストのゆるいてんちょうです。 

 

題名通りですが「何を普通と考えるかで人生は決まる」のではないかと。

結婚して子供二人いて持ち家があって車2台所有してみたいなものを普通としてしまうと、

①結婚していない

②子供いない

③車ない。原付バイクのみ。

④持ち家ない

ので、私は普通のラインには全然達していない。

だから、不幸か?と言われると、まあまあ楽しく生きてはいる。
f:id:rupannzasann:20200925141754j:image

私にとっての普通というか、最低このラインは超えておきたいなというレベルは、

①仕事行きたくないな~と毎朝は思わない程度に仕事好き(たまには思ってよい)

②月10万円は欲しい

③いざとなったら全然生活保護もらう

それくらい。

普通のハードルが低い。

 

だからそんなに日々つらくはない。最悪生活保護あるし。

もう36歳だ。

仕事辞めてなかなか仕事見つからないんですよ~だから数か月生活保護くださいと申請しても、まあ全然申請が通らないということもあるまい。

 

生活保護をもらうなんて恥知らずな!ということが普通の意識でいると、金がないくらいで自殺することになる。

生活保護もらってこれまで払って税金は全部取り返してやるくらいに考えているのが普通なら、金がないくらいでは全然動じない。

 

 

ソースを調べても出てこなかったんだけど、だれだったかが「スペインとかはお金がないというのが理由で自殺する人の割合が低い」と言っていた。

人間関係とかで思い悩んでの自殺はどこでもあるけど、お金がないくらいで死ぬというのは日本人くらいなのだろうか?

 

まあ、連帯保証人制度のせいで連帯保証人に迷惑をかけれないから死んで保険金で払うというのが日本では起きちゃうからね。連帯保証人制度については、連帯保証金額上限を契約時に定められるなど改正されてはいるけど、制度自体はまだある。

 

担保で賄いきれないレベルの金額については貸さないというのでいいんでないか?

そもそも日本は個人事業主と中小企業が多すぎるわけだからさ。

 

話がそれましたが、金がないのが普通、いざとなったら生活保護もらうのが普通、国民の権利!くらいに考えられるようにならないとね。

俺が国を支えるんだ!とか考えたらあかん。つらいときは国にぶらさがって楽しく生きる!これが普通よ。

 

20200930記事作成

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村