節約系ミニマリスト0.5

本多静六式改 収入があるたびにその1/2 を自分のために取っておく 🌊 節約からの投資のコンボ

過労死を防ぐためにも、節約系ミニマリスト生活を!

スポンサーリンク

 

f:id:rupannzasann:20171228215821j:plain

 

どうも、節約系ミニマリストのルパン座3です。

仕事時間もミニマムにしたいとことですが、稼ぎ時のこの時期に休みなんか

ありません。

1日14時間~15時間勤務が9日間続きます。

この9日だけでも気が狂いそうですが、それが数か月にわたって続いている

という方は、本当に過労死という言葉が頭をちらつくと思います。

 

過労死しそうになるほどのブラックな職場なら、パスっと辞めるべきですが、

養うべき家族がいて、家のローンが~となると逃げるに逃げられなくて、

辞めるどころか病むばかり・・・でしょうね。お疲れ様です。

 

9日間しか耐える期間のない私ごときがおこがましいではありますが、

過労死を防ぐためにも節約系ミニマリストの生活をおすすめします。

 

最終的には、お金をあまり使わない生活に慣れて、お金を貯めて、資産を運用をし、

仕事を辞めて、給料は下がるけど楽な業種に移ればいいのです。

生活レベルを下げることが、幸せへの第一歩です。

 

それが最終段階として、

そこまで行かなくても節約系ミニマリストとして、モノの少ない生活をすれば、

部屋も汚れないので、掃除の手間がなくなりストレスも減ります。

汚い部屋にはゴキブリが出たり、ネズミが出たりでよくない菌を持ち込みます。

また、カビが繁殖すれば、その胞子が肺を痛めます。

部屋に物がない→部屋が汚れない⇒不健康になりにくい!というコンボです。

 

そして、食事には特に気を付けましょう。

忙しくて、コンビニ弁当やカップラーメンばかり食べていては、もちろんダメです。

酒、たばこは過労死レベルの職場に在籍中には厳禁です。

 

また、ありがちなのは、疲れているからと栄養を取ろうとして、

野菜と肉をたくさん食べる!というのも

本当に、疲れているときには危険です。

ブラック企業で過労死寸前で頑張ってくれている旦那さんに、

元気になってもらおうとたくさんの料理でお出迎え~

やっちゃだめよ!

 

多量の食べ物の消化は内臓疲労、ひいては全身の疲労を招きます。

疲れているときは、食べる量も少なくすべきです

朝食をしっかり食べていれば、昼食、夕食を青汁+プロテイン+牛乳シェイクだけに

して、内臓をしっかり休ませましょう。

内臓がしっかり休めるだけで、体力の回復は絶大です。

何よりも、消化器官に食べ物が無い状態での睡眠は、

私の感覚としてですが、通常の1.5倍の体力回復量になります。

 

rupannzasann.hatenablog.com

 

また、1日中立ち仕事で十分疲れ切っていたとしても、

それは体の一部だけ偏って疲れているだけなので、バランスが良くないです。

通勤を自転車通勤にして、全身運動をしましょう。

その時間すらないほど忙しい場合は、腕立て、腹筋、背筋、スクワット

だけでもしましょう。5分あれば1セットできるはずです。

睡眠時間を5分伸ばすくらいなら筋トレに5分使いましょう。

これまた、

 私の感覚としてですが、通常の1.5倍の体力回復量になります。

 

最後に大事なことは、1日1回何かうれしいこと、楽しいことをする時間、

にやにやする時間を10分取ることです。

笑顔になれば、それだけで疲労と戦うホルモンが分泌されます。

ユーチューブで好きな歌手やアイドルを見たり、

アホかわいい犬の映像を見たりして癒されましょう!

よくできた旦那さん、奥さん、こどもさんと話すことも癒しになるとは思いますが、

よし!がんばらねば!と気負ってしまう部分も出てくるので、

全然関係ない、癒しの動画を見るというのがいいかもしれませんね。

 

では、今日も一日のらりくらり頑張っていきましょう!

金なくても死にはしないってさ。