節約系ミニマリスト0.5

本多静六式改 収入があるたびにその1/2 を自分のために取っておく 🌊 節約からの投資のコンボ

自分のブログを使って、書き込みしまくった中古本を新本より高くで売る方法の提案!

スポンサーリンク

f:id:rupannzasann:20180331143811p:image

しるし書店

しるし書店

  • Katachini, inc.
  • ショッピング
  • 無料

play.google.com

itunes.apple.com

 

 

どうも、節約系ミニマリストのルパン座3です。

 

去年クラウドファンディングで募集をしていた、

キングコングの西野さん発案の「しるし書店」がいつの間にか始動していた

ようなので、記事にします。

 

まず、「しるし書店」のコンセプトを説明します。

 

折り曲げたり、書き込みをしたり、線を引いたりした本って普通中古本市場では、

0円の価値にしかならないけど、書いた人と欲しい人によっては、

数万円の価値を持つ可能性があるものである。

それは、芸能人ではない人間が汚した本でもその可能性がある。

 

たとえば、

子供7人いる家庭のお母さんが線を引いた育児本、

英語教師歴30年の先生が線を引いた英単語の暗記本、

ブログで月100PVのブロガーが線を引いたブログ運営本、

東大生が線を引いた問題集、

ミニマリストが線を引いたミニマリスト本   などなど

 

これを定価より安め~定価以上で販売するプラットフォームが

しるし書店です。

 f:id:rupannzasann:20180331143829j:image

これが実際の販売画面ですが、何でもない一般人が自分の読み込んだ本を

紹介文とともに販売しています。

どのような人が、どのような思いで線を入れたのか、これが何よりも大事になります。

 

西野さんは、かなり斬新に新しい商売のあり方、人の集まり方を模索している

現代の天才の一人だと思いますが、おもしろい取り組みですよね。

 

ただ、個人的には、ここで本を買うことはあっても、売ることは無いな

という感想です。

 

問題点①

フェイスブックでの実名登録が必要

⇒これがきつい・・・・できればブログに載せて、購買をお願いしたいのですが、

身バレを引き起こすので、身元を隠してブログをしている私には使えない。

 

問題点②

販売、購買のシステムのスムーズさはメルカリにさすがに負ける

 

ということで、ふと思ったのですが、

メルカリで、しっかりと自分はどのような人物で、どのような思いで

本に線を入れていったのか細かく説明文を入れて、

状況も写真に載せて販売をすれば、

個人的なしるし書店的なことができると思うのです。

 

それを自分のブログに載せて、ブログを読んだ方々に購入してもらうのです。

どうでしょうか?

 

アマゾンの欲しいものリストの公開で何か恵んでもらうよりも、

投げ銭システムを使ってお金を恵んでもらうよりも、

ずっと健全な関係性だと思うのです。

 

読者からすると、そのブログを書いた人の考え方を、

購入した本の線入れした個所から感じられて楽しい!

 

販売したブロガーとしても、自分の考えを作る礎となった大事な本を

次の人につなげることもでき、お金ももらえるので、次の本が買える。

このギブ&テイクの関係性良くないですか?

 

そして、

メルカリを販売の間に入れれば、

本名や住所をお互い知られずに、

本のやり取りも可能なのです。

 

はてなブログ内で何とか流行らせられないかな~

勝間さんとかphaさんとかA1理論さんが線入れした本なら、

数万でも買いたい人いると思うのですよ。

 

まあ、そんな有名人とは次元が違う、私が線入れた本が実際に売れるか知らんけど、

とりあえず私はやってみようと思います。

 

ミニマリスト本を買ってきて、

節約系ミニマリストである私の気に入ったところに線を入れ、

書き込みをし、内容覚えるまで脳に本の内容を刷り込んだ後、販売してみますね。

 

送料込みで、定価と同じ値段で販売しますので、

どなたかお慈悲をいただければ!

 

これがうまくいけば、私は送料分の値段負担だけで、

より良いミニマリスト生活に向けての知識が手に入るので、

私のブログの記事のレベルもなんぼか上げられると思います。

 

そして、この取り組みがはてなブロガー間で流行して、

お互いの線入れした本をやり取りし合うようになったら、

全てのブログの記事のレベルも上がり、より楽しいはてなブログ界になる

のではないかと思うのです。

だめかな~

 

 

 


にほんブログ村

 

 では、ありがとうございました。

2018/03/31記事作成