節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。和牛繁殖農家を目指す。

職場の先輩が統合失調症になって帰ってきた件

スポンサーリンク

どうも、節約系ミニマリストのゆるいてんちょうです。

 

先週火曜日、12年前に退職した職場の先輩が職場にふらっと顔を出してくれました。

といっても、別部署の人だったので1年で話した時間を足しても15分というくらいのかたです。食事には一度だけ一緒に行ったことがあります。

まじめでにこやかなかたで、その人が書いた報告書などは分かりやすくて読みやすかった記憶があります。

その先輩が急に連絡もなく、職場に顔を出したのです。

「ん?今働いている会社からの営業かな?」と最初は思いましたが、小汚い恰好をしているし、顔つきが依然と全然違う・・・すごく険しい顔をしますし、体重も15kgくらい減った感じでした。

 

そして思い出話をする間もなく、あって30秒後には「電磁波に気をつけろ、これ位の壁の厚さなら余裕で通過して来る」という話をしだしました。

「盗聴もされているし、部屋も荒らされたから警察を呼んだんだ」とも・・・

 

あれ?

これ、統合失調症の人が言うテンプレやんけ!やばっ!

 

と思ったのですが、話が止まらず15分間いろいろな陰謀論を「へええ~」「ほ~」と相槌を打ちながら聞き続けました。

目つきがやばいし、下手に怒らせたら刺されるんじゃねえかこれ?という恐怖があり、意識もうろうとしながらひたすら関心がある雰囲気を出し続けるという努力を続けた結果、満足して帰っていってくれました。

 

そして自家用車でかっとばして、つぎのうちの会社の他店舗へ向かっていきました。

急ぎ社内に状況説明メールを送りつつ、対応してもらいましたが、他の5店舗にも表れて同じようなことを話して帰ったようです。

 

帰ってからもまた来るんじゃないか?と思うと、憂鬱でしたが、なんとか1週間何事もなく終わったのでもう大丈夫かな?

 

日本全国の知り合いに対して、電磁波などの危険性を説いて回っているとのことでした。結婚は12年前はしていなかったと思うけど、独り身なのかな?

だとすると、だれも彼を病院へは連れて行ってはくれないのだろうな。

 

盗聴されている!と騒いで警察に連絡したときに、それとなく病院に連れて行ってくれればいいのにな。

早めなら投薬で症状抑えられるだろうし。

 

100人に一人がなるとは聞いていたし、自分がなる可能性があるなと覚悟はしていたけど、知っている人が豹変した形で現れると胸が痛いな。

顔つきが変わりすぎていてだれか分からなかった・・・

 

どれだけお金を貯めていても、ああなると仕事もまともにできず、いらない活動をしてお金と知り合いをなくしていくのだろう。

精神病まないことが節約してお金を貯める前に大事だな。

お金があればそもそも心の余裕的に病みにくくもなるか?

 

病まないだけでも人生上等だし、病んでも早めに病院行けば大丈夫だ。

病んだのに気が付かず病院に行かないで謎の活動を始めだすとやばい。

 

この点、ブログをやっていると人に気が付いてもらいやすいかもしれない。

はてなブロガーでも、急におかしな記事を大量生産して突然更新が途絶えるみたいな人がたまにいるが、それもこれなんだろうな。

 

とりえあず、「あれ?ここ何回かの記事いつもと違う雰囲気のこと書いているぞ?」

と思ったらコメントに書いてほしい。

自分としてはいつもと違うことは書いていないつもりだけど・・・

統合失調症の人は自分がおかしくなっていることに気が付けないみたいだからね。

私も、あれ?と思うブログにはコメントしようと思う。

 

まあ、ガチで病んでいる人はコメント読めていなかったりするけど・・・

 

20211019記事作成

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村