節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。和牛繁殖農家を目指す。

何もないのが一番センスがいらない

スポンサーリンク

どうも、節約系ミニマリストのゆるいてんちょうです。

 

節約系ミニマリストとしてあまりモノを持たない、買い足さないで生活をしています。

なぜそのような生活をしているか改めて考えてみると、「何もない状態にするならセンスが必要ない」からだなと結論付けました。

限られたものを厳選して大事に使うというのが一般的なおしゃれミニマリストの生き方だとすると、節約系ミニマリストの私はとにかくお金を使わないことを優先した生き方になります。

 

限られたものを厳選して使うというのには、ものすごいセンスが必要になります。

たくさんのモノを所有して良いのであれば、それを順列組み合わせして最適な解を何度でもやり直して出すことができます。なのでセンスが無くても、適当に何度も組み合わせをしていけばそのうちそれなりの形になる。

 

しかし、限られたものしかなければ、どう配置してどう使うかというのは解が少ないので、その組み合わせには買う段階から圧倒的にセンスが必要になります。

 

センスってね~

人それぞれだからね。なかなか人に見せてもカッコがつき、自分も快適に暮らせるとなるとかなり難しいよね。

ピーコさんも昔「おしゃれはガマン!」と言っていましたが、かっこよくて快適って本当に大変です。

 

一方、何もないという状態にするのは簡単で、モノを0に近づければよいだけなので、センスもくそもいりません。ただ減らせばよい。

 

ということで、極力物を減らして生活をしておりますよ。

でもね、やっぱりセンスには憧れますわな~

 

一発でバシッと最適解を出せるのであれば買い足すんだけど、それができずにいまいちなものに囲まれて生活をするはめになるのが目に見えているんだよね。

 

そんなものにはお金は使えない。なにせ月手取り19万円しかないのだ。そこから毎月12万3千円投資に回す。可能ならさらに千円でも2千円でも多く回すのだ。

結婚するまでセンスある部屋にはしない。結婚できないならセンスはもう必要ない。

そういう悲壮な決意で頑張るぞい☆

 

 

20210404記事作成

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村