節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。趣味で喫茶店も運営。玉砕演説

ミニマリストとマキシマリストはチャートの上がり下がりのようなもの

スポンサーリンク

どうも、本格的にミニマリスト生活を始めて、1年半の節約系ミニマリストのルパン座3です

 

メルカリで売るものが何もないくらいに モノを を減らしてきました。

そして今、モノがないと言う状況の一番最終段階に近いとこまで来ました。

これ以上モノを減らしたら、 生活が劇的に不便になる段階まで来たのです。
f:id:rupannzasann:20190306093248j:image

株などのチャートで言うと、底値まで来た感じです。

 

そこまで来たら何が起きるかと言うと、逆に今度は反動で チャートは上に上がっていきますよね。

 

モノを減らしまくった後には、 逆にモノを増やしたいという衝動が芽生えてくるのです。

しかし、私はその衝動は別に抑える必要はないと考えます。

 

そもそも私は部屋がモノであふれているマキシマリストに近い生活を、 大学時代から30歳頃まで行ってきました。

センスあふれたモノを部屋にたくさん置くことが正義だと思っていたのです。

しかしその代償として10年間で何の貯金もできてないという危機的な状況になってしまいました。

 

 

センス溢れていたと思っていたものも、いざ売りに出してみると、 ほとんど値がつかないゴミのようなものでした。

そこからの反動で、一気にミニマリストとしてモノがない生活に舵を切りました。

 

そのような感じで、人生におけるモノの多い少ないというのは、ある程度 チャートのように前後するものだと思います。

 

その時の感情に従って、モノの多い少ないは変えていくのが自然なのです。

 

ただ一度節約系ミニマリスト生活が身につくと、そこまでモノがたくさん増えすぎるというバブル状態にはならないと思います。

上値抵抗線が引かれるような感じで、 ある程度それ以上モノが増えないというラインが身につくからです。

これが大事です。

 

一度ミニマリストになったほうが、最低限必要なモノとあると生活が豊かになるモノ、あると逆に生活がめんどくさくなる、ストレスのもとになるモノとのラインが分かります。 

 

ということで私は、最近 ホームベーカリーを購入しました 。

本来なら真っ先に断捨離 すべき家電だと思いますが、 中華料理の マントウや肉まんなどを作る時に、 あると便利なので購入しました。

 

使いまくって その様子をサブブログであげて、それで一儲けしてみようかなとも考えています。

 

www.rupannzasannn.com

節約系ミニマリストとしてモノが増えすぎないように、上値抵抗線を引きましたが、

ブログで儲けるためには、ある程度モノも増やして行こうかなと考えています。

 

その一環として 店舗を借りて、そこに住み込んで費用を抑えながら、 ブロガーのたまり場を作る という計画も行っています。

 

www.rupannzasann.com

 

それもこれも節約系ミニマリストとして、底値までモノを減らすということを成功したからこそできることなのかもしれません。

 

2019年3月6日記事作成