節約系ミニマリスト0.5

本多静六式改 収入があるたびにその1/2 を自分のために取っておく 🌊 節約からの投資のコンボ

丸亀製麺に見るオプションの無駄


f:id:rupannzasann:20180116140427j:image

色々なものにオプションがついでにつけられてきますが、よく考えてみれば、

そのオプションいらなくないか?というものが多いのではというお話です。

 

どうも、食欲のないときにはうどんに限るなとつくづく思う

節約系ミニマリストのルパン座3です。

 

丸亀製麺に月何回か行きます。

値段が安いこともありますが、沖縄は沖縄そばといううどんの亜種が

幅を利かせており、うどん屋、蕎麦屋が極端に少ないのです。

6年ほど前まで讃岐うどんの「要」(かなめ)という名店がありましたが、

調子に乗って複数店舗拡大出店して、サービスレベルの大幅な低下により全店つぶれました。ものすごくおいしいうどん屋さんだったのですがね。

ということで、丸亀製麺しか選択肢がありません(泣)

 

ただ私は生来の貧乏舌なので、丸亀製麺でも十分美味しいです。

丸亀製麺ではうどんを頼んだ後、その横に置いてあるてんぷらやおにぎりを追加で

注文することができます。

うどん自体はリーズナブルで大を頼んでも500円以下で済むメニューが多いですが、

オプションで3、4個頼んでいるとすぐに千円近くまで行ってしまいます。

 

安く昼食を済まそうと思って入店した人が多いはずですが、気がつけば千円近く

支払っている状態になりがちです。

たしかにオプションのてんぷらおいしいけど、うどんにてんぷら一つ追加くらいで

十分なのです。てんぷら2個も3個も食べれば油の量の多さから胸焼けします。

 

オプションを追加する前にうどんにかけ汁をたくさんいれて、ネギと天かすと生姜をたくさんふりかければ、それだけでかなりの満足感を得られる状態になります。

 

私は基本500円に収まるように天ぷらなどのオプションはつけます。

天ぷら1個の時と3個の時で幸福度にそれほどの差はないのに、

金額で300円差がつきます。あーもったいない。

 

せこいかもしれません。というかせこいですよ。明らかに。

でも、その300円のつみかさねが、脂肪になり、無貯金状態を作るのです。

 

丸亀製麺に限らず、

マック然り、保険のオプション然り、スマホのオプション、航空券オプション然り、

世の中オプションだらけです。

これはマックが、ハンバーガーの値段を赤字レベルにまで安くして人を呼び、

追加でとらせるオプションで利益を出すというのを始めたことに由来するとか。

 

私の職場でも、いかにオプションで+@の商品をくっつけて売るかを

日々研究しています。

 

全商品を安くしては、経営を悪化させるだけなので、

目玉商品だけ安くして、ほかのオプションをつけさせることで元を取る

という商法はいくらでもあります。

 

万が一の時~とあおったり、

長く、意味の分かりにくい説明文によりうやむやにして追加させたり

あの手この手でオプションを取らせてくるでしょう。

 

でもこれは断固としてNOなんです。

 

本当に必要な物なら最初から本体に含まれているはずです。

それをわざわざオプションであとで希望者だけ追加できるという形にしている

ということは、絶対必要なものではないという証拠です。

 

節約ミニマリストたる者、絶対に必要な物だけを買って生きていきたいです。

オプションなんか全部外してしまいましょう!

 

2018/01/18記事作成


にほんブログ村

ではありがとうございました。