節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。和牛繁殖農家を目指す。

急逝した母の銀行口座を開ける処理の申込処理完了

スポンサーリンク

どうも、節約系ミニマリストのゆるいてんちょうです。

 

タイトルの通りですが、母の銀行口座を開けるための処理のための申請をして回りました。
f:id:rupannzasann:20220808135043j:image

母が使っていた銀行というか金融機関は、

①信用金庫②JAバンク③ゆうちょ銀行の3つです。

そのうちゆうちょ銀行に関してはATMの暗証番号が分かりましたが、定期貯金が別であり、それはATMからはお金が取れなかったので結局同じように処理が必要になります。

 

口座にある金額としては、

①25万円②11万円③700万円でした。

そのうち、信用金庫に関しては、額の少なさを考慮して「今すぐ葬儀費用でお金が必要だから、複雑な処理無しで特別にすぐに現金化する申請」をやってくれたので、父の戸籍謄本と葬儀の請求書の提出、印鑑登録証、身分証明書でOKでした。

 

JAとゆうちょに関しては、父と姉二人と私の戸籍謄本と印鑑証明証が必要となります。

下の姉と私は印鑑登録自体をしていなかったので、まずはそれをしてから印鑑登録証を発行します。

 

それくらいか。

相続でもめているわけでもないので、父を代表相続人にして全部父の口座に振り込んでもらいます。

私含む子供3人は母の遺産は相続せず、すべて父に相続させます。父が亡くなったときに初めて子どもたちで相続を分けます。

 

20220809記事作成