節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。和牛繁殖農家を目指す。

ナッツとフルーツグラノーラ、うどん、豚汁、ヨーグルト牛乳豆乳で食事の8割

スポンサーリンク

どうも、節約系ミニマリストのゆるいてんちょうです。

 

実家で犬を飼っていたころ、「こいつ毎日同じドッグフードなのに、おいしそうに食べてるな~」と感心してみていましたが、最近では、食事を固定すると何かと楽だし、そのうち慣れるなという実感がわいてきました。

私は、平日については

朝 フルーツグラノーラと豚汁

昼 うどんと野菜かき揚げに生卵と豚汁

夜 ナッツと豆乳牛乳ラッシー(ヨーグルトに砂糖と牛乳豆乳入れてシェイクしたもの)

に固定し、土日はちょっと凝った料理を作るか外食をするという日々を2月から半年間続けてきました。

 

さすがに3食フルーツグラノーラとかだと飽きると思いますが、3食それぞれ固定メニューにしても、毎回おいしく楽しく食べられています。

ちなみに豚汁は毎週日曜日に1週間分作り、鍋ごと冷蔵庫に入れています。

 

うどんと野菜かき揚げも業務スーパーで5個入りのモノを1個ずつ沸騰した鍋に入れて3分待つだけで作っているので、平日の料理にかかる、洗い物にかかる時間、買い出しにかかる時間は全部足しても40分くらいです。おそろしく時短になっています。

食事時間も1日合計15分くらいです。

 

時短したからと言って、仕事忙しいわけでもなく、資格取得の勉強で忙しいとかもないので、アマゾンプライムビデオで映画を2本多めに見ることができるくらいのプラスですが、まあ~気が楽です。

 

普通に生きていると、食事に関する時間があまりにもかかりすぎるんですよね。

何を作ろうかと考えることから時間がかかりますし、買い出し、料理、食事、片付けと連続して時間が取られます。

 

そして食べれば食べるほど太る・・・

 

粗食の固定メニューで日頃はしのぎ、週末だけ違うことをする。

これが一番楽だな。

 

結婚して子供ができたとしても、子供が幼稚園に通うときぐらいからは、朝食は固定メニューでも良いかもしれない。昼食は前日の夕食の残りを自宅か弁当で食べ、夕食だけしっかり作るとか。

あまりにも毎回の食事に時間をかけ過ぎると、ハードルが上がってしんどくなるんだよな~

舌は肥やすな。飯がまずくなるぞッと。

 

20210814記事作成

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村