節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。和牛繁殖農家を目指す。

高学歴高収入の人ほどガンでいらんことをして寿命を縮める

スポンサーリンク

どうも、節約系ミニマリストのゆるいてんちょうです。

 

このような記事を見ました。

高学歴高収入の人ほどがんの時に謎の民間療法などにはまってしまい、普通の治療をするよりも悪化が早いというような内容です。

 

民間療法とかまだ効果が確定していない新しい治療方法というものは保険適用外なので、貧乏人には手が出せません。なので、おとなしく医者に言われるままに普通の治療法を進めていきます。

 

でもお金があり待っている人なら、保険適用外だろうが関係ないですから、バンバン新しい治療法や謎の治療法にお金と時間をつぎ込むのです。

 

お金をつぎ込むのは別に良いのですが、時間をつぎ込むのが問題。

既存の治療法をせずに最初の大部分の時間を謎の治療法に使ってしまうと、既存の治療法なら悪化を遅らせられたはずの時間を浪費していますのですな。

 

また下手に高学歴だと「どんなことでも努力して探せば何か解決策がある」という成功体験が豊富にあるだけに、あきらめずにいろいろと新しい治療法を探してしまい、既存の治療法をないがしろにするということでしょう。

確かに丸山ワクチンみたいに保険適用になりそうでならないけど効果があると言われているものもあるでしょうけど、例外ってこれくらいじゃないかな~

たいていの効果があるものは保険適用されるでしょう。

 

ということで、がんに関しては「ようわからんし金もないのでお医者様に全部丸投げでお願いしますわ」という姿勢でお願いする方が長生きできるんでしょうね。

一応セカンドオピニオンは取りつつですが。

 

20211009記事作成

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村