節約系ミニマリスト0.5

本多静六式改 収入があるたびにその1/2 を自分のために取っておく 🌊 節約からの投資のコンボ

ゆっくり仕事=良い仕事ではないからブログも急いで書こう!

スポンサーリンク


f:id:rupannzasann:20181112152909j:image

どうも、回り道ばかりのろくでなし、節約系ミニマリストのルパン座3です。

 

ブログをなかなか更新しないと人の特徴として、

良い記事を書くためには、ゆっくり時間をかけて書かなければならない

と思いこんでいるという点があります。

 

もちろん、良い記事を書くために必要な時間は多いです。

でも、ただゆっくり、だらだらと書いているから時間がかかっている

という状況が多いと思います。

そして、ただダラダラしているくせに、

「いや、俺は良い記事を書くために時間をかけているんだ!」

と言い訳を言うようではおしまいよ。

 

 

しかもブログで特に時事問題を書くときは、

内容どうこうというよりも、誰よりも先にその時事問題についての

記事を書くということが大事です。

 

テレビで問題発言があって、そのことをネタにしたい!

と思ったら、その場で急いで記事を書いて、

その日の番組放送終了前にUPするくらいの圧倒的な早さが大事になります。

そうしないと、数時間後~翌日にはプロのライターやブロガーが

そのことを記事にしだしますからね。

 

ちきりんさんとかが語りだしたら、絶対勝てないわけですから、

とがった鋭い意見を書くことが難しい我々は、

他の人よりも1秒でも早く、

記事を仕上げてUPしたほうが良いと思うのよ。

UPしさえすれば、その後さらに追加編集して、

より良いものにしていけば良し。

「先んずれば人を制す」と言いますからね。

 

あとは、いつまでに終わらせるという締め切り効果で、

自分を歩いて程度追い込んだほうが、

アイディアは出やすいといいます。

「完全なる自由」はもはや自由ではなく一番の足かせですから。

 

ということで私は、

何時までに記事を書こう!と決めたら、

まず予約投稿の設定からします。

 

その時間までに書き終わらないと、

半端な状態で記事がUPされる!

それが嫌なら、急いで書け!というちょうどよいプレッシャーがかかるのです。

何度かその締め切りを過ぎてしまったこともあるけど。

 

ちなみに、書いている途中で予約投稿した時間になってたら、

その予約投稿自体がキャンセルになるだけで、

半端な記事がUPされることはないですので、ご安心を。

まあ、気分的なもんだね。

 

あと、今ふと思ったのですが、

親子は似るのと同じで、

自分の好きなブログを毎日読んでいると、なんとなくそのブログの

雰囲気、口調に似てきますな。

真似しているみたいで恥ずかしいけど、

まあ、本人から指摘されていないからばれていないだろう。

 

2018/11/17記事作成