節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。和牛繁殖農家を目指す。

「しょぼい起業」撤退戦最終章~悪徳不動産屋との退去手続き

スポンサーリンク

どうも、節約系ミニマリストのゆるいてんちょうです。

 

「しょぼい起業」を目指して元スナック店舗に住居兼店舗として住みながら、コストを下げつつカレー屋をオープンしようとしていましたが、コロナ騒動もあり全面撤退となりました。今回はそのラスト、物件の退去手続きです。

 

状況説明

この物件の不動産屋はなかなか問題が多く、厨房の水漏れをガムテープで直しただけの状態で告知なく貸し出したり、トイレのドアが壊れていることも告知なく貸し出されました。トイレに至ってはカギがかからない状態でした。

エアコンもつけてくれるという話が契約段階で無しになったり。

www.rupannzasann.com

 

 最近でも洗面台のパイプが腐って水漏れしていることを報告し、それを確認に来たあと工事をするという連絡も一切ない状態でした。

www.rupannzasann.com

 

さて、そんな不動産屋との退去手続き、これはもめるに違いない。間違いない☆

 

あとこちらにも弱みがある。


f:id:rupannzasann:20201130153620j:image

まずこのジョッキの入っている棚はガラス戸が元々ありましたが、下のほうが割れていることもあり、身バレが悪いので処分しました。

あとあと調べて分かったのですが、飲食店をやる場合、戸の締まる場所じゃないと食器類をしまってはいけないのです。なので、飲食店をやるならこの棚には食器類は入れられません。

 


f:id:rupannzasann:20201130153631j:image

また、壁にシールで張り付けるフックを8か所つけていたのですが、それを撤去する際に壁紙がはがれてしまいました。ちょっとはがれただけですが、半端にはがれようと大きくはがれようと張替は必須となるでしょう。

 

こういうのもあるので、撤去時に壁紙張替え費用などを請求してきかねない。

いったいどうなるのか・・・

ちなみに2年以内の退去だと敷金は返さないことが契約書には書かれていたので、敷金は返ってこないこと確定。まあ、4万円だから許せる。

 

退去手続き

10時から退去手続きをこの物件でやることになっていました。物件の状況を不動産屋と確認しながら手続きを進めることになります。

9時から入って最後の掃除と空気の入れ替えをします。

ちなみにどういう仕組みかわかりませんが、この物件のトイレは掃除したばかりでも、数か月に一度、うんこやりたてのようなにおいを放ちます。

 

今日がその日だったようで、めちゃくちゃ臭い。

10回ほど水を流してなんとか薄められたけど臭いは臭い。これについても何か言われるか・・・

 

 

そうこうしているうちに9:40に不動産屋到着。はええな。時間守れよ。

契約の時やクレームのときにいつも対応していた態度のすげえ悪いおばちゃんではなく、工事の時などに来てくれる気弱なおじさんがきてくれてほっとしました。

あのおばちゃんがここ2年で会った人の中では一番嫌いだ。タメ口なのは良いとして、なんか上から目線で貸してやっている感を出してくるんだよな~おまえの物件でもないだろうに。

 

このおじさんは欠陥が見つかるたびに謝りながら工事に来てくれていた。たぶん欠陥がめちゃくちゃ多い状態で貸し出したことに引け目もあるのだろう、今回も非常に腰が低い。

 

貸し出した段階で指摘を受けていた換気扇が止まらない問題、引き出しの戸が一か所壊れている問題などの状況聞き取りとざっと部屋を見渡して電気をつけて水道を止めて5分でチェックが終わった。トイレは開けてもいない。壁紙とガラス戸についての指摘は全然ない。

「はい、特に問題無かったのでここにお名前記入してください」

と言われチェック表に名前を記入する。

印鑑欄に印鑑を押そうとしたところ、朱肉をおじさんは持ってきていなかった。

私の印鑑ケースの朱肉も切れていたので押せなかったのだが、名前の記入だけでOKですとのことで終わった。

印鑑押さなくてもあのチェック表は機能するのだろうかとあとで不安になってきたが、まあ、大丈夫だろう。

 

結果としては予定通り敷金が返ってこないだけで追加で原状回復費は取られなかった。

やったー

まあ、ボロボロでほこりまみれだった物件を磨き上げて次の人にすぐに貸せる状態にまで私がアップグレードしたわけだからね。当然と言えば当然だろう。

 

 

改めて考えてみると、この不動産屋は悪徳なのではなく、社員が全員やる気と能力が著しく低いだけなのだと思う。

やる気がないから貸し出す前に物件のチェックや補修はしないし、クレーム入れてもなかなか動かない。余計な仕事をしないで定時に帰りたいからサービスはしない。やる気もないから態度も言い方も悪い。

 

悪徳不動産屋と違って、人をだましてまでお金をたくさん儲けようという野心もなく、ただ週休完全2日制の休日を楽しみにしぶしぶ最低限の労力で働いているだろう。

まあ、本気で店を始めようと思ったらこのような不動産屋も避けたほうが良いだろう。

 

12月末までに特に追加で請求が来なければこの話は完全に終わりだ。

物件に原状回復必要なところは何もないというチェック表をつけた限り、あとから言ってはこないかな?あれ、チェック表の控えはもらっていないな・・・

あとからなんぼでもいじれるぞ?大丈夫かな。

たぶんそこまでするほど仕事熱心じゃないから大丈夫だろうけど。

 

 

20201130記事作成

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村