節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。ルパン座3 玉砕演説

「仕事きつければ、仕事辞めてフリーランスになれ!」っていうのは、「寒いのが嫌なら沖縄に引っ越してこい!」ていうのと同じ感じやん

スポンサーリンク


f:id:rupannzasann:20181212014951j:image

どうも、イケハヤ尊師ご推薦、万年厄年、節約系ミニマリストのルパン座3です。

 

今回は題名通り「仕事きつければ、仕事辞めてフリーランスになれ!」っていうのは、

「寒いのが嫌なら沖縄に引っ越してこい!」ていうのは同じようなことであり、

沖縄の人間がそう言っても説得力がないというお話。

 

 

沖縄ですら寒いのに、東北、北海道に住む気がしない

2018年12月12日、沖縄もだんだんと寒くなってきました。

日中気温が20度を割る日も出てきましたよ。

いや~寒い。

私は寒いのがとにかく嫌いなので、沖縄に住んでいます。

今後引っ越すとしたら、東南アジアや台湾など沖縄より暖かいところにしか行かないと神に誓っております。

 

白い息を10年見ておりません。

冬に沖縄より北へ旅行に行くこともありません。

私にとっての冬とは、

「日中半袖だけでは我慢できないほど寒い」と定義しております。

なので、本土の人が言う春秋は冬です。

 

沖縄ですら1月2月はいやんになるほど寒いですからね。

「北海道は室内は汗出るほど暖かくしているよ!」とか気休めはいらないです。

家から出たら寒いんでしょ?なら意味ないですからねw

冬でも野宿できるところが人間の住むべき気温です。

冷蔵庫より寒いところで住むなんて信じられなーい。

 

 

「仕事嫌なら仕事辞めてフリーランスになれ」とフリーランスが言ってもね


f:id:rupannzasann:20181212015012j:image

さて、本題ですが、

「嫌な仕事をするくらいなら仕事を辞めて、フリーランスになれ」という

イケハヤ尊師を含むフリーランスの人たちがのたまう甘い言葉について。

 

私も、毎朝「寒い、寒い、布団から出たくない!」とかきつい思いをするなら、

「うだうだ言わんと、さっさと沖縄に引っ越して来ればよいのに」と思うのです。

でも、これは沖縄在住の人間が言っても意味がないのです。

 

沖縄在住の人間は沖縄での生活が当たり前になっています。

そのため、沖縄での生活における不便な点などを、それほど不便と感じていなかったりするので、沖縄の不便な点を詳しく説明せずに、

「沖縄暖かいぞ、寒いの嫌ならさっさと引っ越してこい」などと

安易に言っちゃうのです。

 

改めて沖縄の不便な点を言うと、

寒いところのほうが食材が豊富なので、沖縄の食材は微妙・・とか、

電車がないので、車が必要になるとか、

でも無保険で車に乗っている奴が2割いるから、事故っても自費になるとか、

ガチ左翼もガチ右翼もいっぱいいるとか、

沖縄で就職したら40代で手取り20万円無いのがデフォとか。

シングルマザー率が日本一とか。

自殺率日本一とか

不登校率日本一とか

 

そういう目に見えない地味に不便な点を全部言わないで、

寒いというただ一点だけを見て、「寒いなら沖縄来たらいいやん」と無自覚に

誘っているだけなのです。

沖縄の人間はお金が無くても、親類や友人を頼って楽しく生きる能力が高いから、

その能力が低い人間が沖縄に来たら、ただただ低所得で苦しむだけかもね。

 

 

フリーランスで成功している人は、やっていける努力を自然とができている超人


f:id:rupannzasann:20181212015045j:image

「仕事きついならフリーランスになれ」と誘うフリーランスも、

善意なのか無自覚なのかわかりませんが、フリーランスの怖さは語らずに、

フリーランスの良さを語るのです。

 

フリーランスは仕事を自分で作らないといけないから、

それができるほどの熱意と能力がない奴が、

「ただ仕事で楽をしたいから」という理由でフリーランスをやったとしても、

うまくいかないのですよ。

それだけの熱意と能力があれば、とっくに勝手に独立しているし。

 

フリーランスで儲けようと思ったら、なかなかの能力が必要よ?

「やりたいことがあるからフリーランスに俺はなる」!なら分かるけど、

「やりたいことはないけれど、とにかく今の仕事嫌だからフリーランスになるぜ」

っていうヘタレが生き残れるほどは甘くないんじゃねえかな。

 

 

でも、仕事を辞めてしまったら、

嫌だろうが何だろうが生活をしなければならないので、

無理してフリーランスとしてがんばって仕事をしなければならなくなるから、

社畜ではないけど、自分が作った仕事による家畜になるだけです。

 

イケハヤ尊師だって朝から夕方まで毎日働いているぞ?

めっちゃ働き者だぞ?

仕事したくないだけの無能が、イケハヤ尊師と同じようなフリーランスになれると、

よだれたらしながら夢見ている場合ではないぞ。

 

「ネットで稼ぐぞ」と仕事や大学を辞めて、一日中どこかで聞いたような名言を、

10倍薄めた標語みたいな毒にも薬にもならない薄い言葉をつぶやき続ける、

人間BOTになっているやつをみると、

社畜じゃないけどTwitter畜になっているだけで、それは金にもならないから、

ただただ時間の無駄じゃんね。と思うのよ。

 


f:id:rupannzasann:20181212015201j:image

仕事や大学を辞めてネットで稼ぐぞ!と息巻いているくせに、

フルタイムで働いている私よりも、ブログを書いていないやつが多すぎるぞ!

1日5時間ブログを書くことなんかフルタイムで働いていてもできるからね。

 

結局ね、ダラダラしたいだけのやつがフリーランスになっても、

雇われで働くよりもお金も稼げないし、ストレスたまるぞ?

 

 

フリーランスで働ける超人だと自分を思わないほうが良いよ。

無能はね、会社にしがみついて金をむしり続けるほうが絶対いいってば。

 

それが嫌なら、まずは副業で始めてみて、副業が本業を超えそうな確信を持てたときだけフリーランスになれば良いのです。

イケハヤ尊師だってそのルートを通ったのです。

 

イケハヤ尊師ですら最初は副業で始めて、手ごたえがあったからの挑戦よ?

稀代の天才ですら副業から始めたのに、

「人に勧められなくても、自分からフリーランスになってこれをやりたい!」

というものがない奴が、いきなりフリーランスになろうとしても無理よ。

 

自分からフリーランスになった超人たちのアドバイスを真に受けたらだめです。

なぜなら、あなたはシマウマだから。ライオンではないから。

 

そうではない!と思うのであれば、今日から1日4本1000字以上のブログ記事を、

1年間書き続けてみてください。

それくらいの情熱がないなら、雇われでのらりくらり生きるべきなのよ。

 

フリーランスになる気がさらさらない、私ですら一か月で90記事は書きますから。

フリーランスでやっていける自信があればそれくらい楽勝でしょう?

 

まあ、とりあえず、沖縄に引っ越してきたらよいよ。

楽しいことしかない楽園だよw

 

2018/12/12記事作成