節約系ミニマリスト0.5

投資のための節約。節約のためのミニマリズム。趣味で喫茶店も運営。玉砕演説

カラオケ設備を借りなくても防音さえ出来ていれば、家でカラオケ出来るんだな。

スポンサーリンク

どうも、音痴なくせに、年何回かカラオケに行き、「今日もうまく歌えなかったな・・」とへこんで帰る、節約系ミニマリストのルパン座3です。

 

 

 

 

アンドロイドのアプリを調べていると、意外とカラオケアプリが多いことに驚かされます。なんでも無料で採点までしてくれるものまであります。
f:id:rupannzasann:20190401124751j:image


でもね、カラオケの設備やカラオケのアプリがあるからと言って、自宅やアパート、マンションで大音量で歌を歌えるか?って話です。

 

近所迷惑だし、何より近所に私のミラクルボイスが漏れ伝わった日には、末代までそのひどさを笑い話として語り継ぐ人が続出しかねない。

それはまずい・・・

 

しかし、どうでしょう?

私は今、店舗兼住居として元スナックの物件を契約しようとしているのです。

そもそも、この物件の入っている建物は、スナック外のど真ん中にあるスナックビルです。

作られた当初から、部屋の中でカラオケを大音量で流すことを想定して設計されているのです。

 

つまり、防音性能が高い部屋というわけです!

だから、カラオケアプリで大声で一人カラオケをやっても大丈夫なのさ~

やったね!


Lemon / 米津玄師 練習用制作カラオケ

アプリじゃなくても、youtubeでカラオケ練習用の動画はいくらでも見つかるしね~

もう一人カラオケをやるに、こそこそ朝からカラオケ店に行く必要がなくなりそうだ。

 

都市部に住んでいて、元スナック物件で安く貸し出されているものが家の近所にあるなら、遊び場として友人数人とお金を出し合って借りたりすればよいと思うよ。

ちなみに今回私が借りようとしている物件は、家賃月4万円です。

敷金礼金や保証金とかでスタート時に20万円かかるけど。

 

都市部に住んでいるのに、騒げる場所が確保されているってすごく遊びの幅が広がるでよ!たぶん。

 

例えば、

退職後、年金暮らしで毎日暇をしているおじいちゃん、おばあちゃんへ元スナック店舗をカラオケ設備付きでプレゼント!なんて、最高の親孝行じゃないですか?

ボケ防止になるし、日中家から出かけてくれるしね。

 

大事なことは、誰かがこんな場を作ってくれないかな~と願うのではなく、自分が一番損をして準備金を支払ったうえで、周りを巻き込むことです。

自ら身銭を切って、本気でやるのだという覚悟を周りに知らしめることです。

 

2019/04/01記事作成